ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

戦争賛美から米崇拝へ『朝日の変節』のルーツ「SAPIO」01.11.14号

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


 「捨てる前にテキスト化」シリーズ。
 第3弾の今回も「SAPIO」からの転載です(当分「SAPIO」が続くかも(^^ゞ)。

※過去記事
7/27付:日本統治を直視する韓国の静かなる肉声「SAPIO」01.9.26号
8/24付:みのもんた氏の韓国に対する認識の間違いを正す「SAPIO」06.4.26号


 全文起こしここから____________________________

100831-sap.jpg

「SAPIO」2001.11.14号
特集【朝日新聞「トンデモ記事」大研究】より

<原罪>
瞬時に、権力に擦り寄るご都合主義体質

戦争賛美からアメリカ崇拝へ
「朝日の変節」のルーツはここにあり

近畿福祉大学教授 岡本幸治
【PROFILE】1936年京都市生まれ。京都大学法学部卒。三井物産社員を経て、京都産業大学講師、大阪府立大学助教授、インド国立ネルー大学客員教授、大阪国際大学政経学部長などを歴任。現在、近畿福祉大学教授。著書に『北一輝 転換期の思想構造』(ミネルヴァ書房)、『脱戦後の条件』(日本教文社)など多数。日印友好協会会長。

 現在の朝日新聞の1面コラム「天声人語」は、戦時中は「神風賦」という名で、日本の戦争に対し扇動的な記事を書き続けた。当時、国内最大の発行部数で、政府に協力し続けた朝日新聞は、戦後、一変してGHQ(連合国最高司令官総司令部)のお墨付きをもらい、日本の民主化の旗手として自分を位置づけていく。この変節の裏側にどのような歴史的事実が隠されているのか、岡本幸治近畿福祉大学教授がGHQと朝日の関係を検証する。
スポンサーサイト

私怨の民主党代表選 またも国民置き去り!?

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】
 

 今日は最後に細切れぼやきもあります。
 死刑の刑場公開と、朝鮮学校無償化。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100827oza.jpg

 1週間前、私はブログにこんなことを書きました。

 「『菅VS小沢の傀儡』って図式になるよりは、本人が出てくる方がよほどスッキリします」
 「小沢さん、出れるもんなら出てみなさいよ。総理になれるもんならなってみなさいよ」

 そしたら、あらら、ほんとに出るんですね。

 26日朝、小沢さんは鳩山さんと会談し、直後に民主党代表選出馬を表明。
 でも、ここに来て出馬に至ったのはなぜ?

「アンカー」小沢氏代表選出馬?エゴエゴ政局&円高で政府・日銀無策

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


■8/25放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

小沢氏が最後の賭け!代表選の出馬は?鳩山前首相の野望とは…青山ズバリ

100825-16ozahato2.jpg

 進むも地獄、退くも地獄の小沢さん。と思いきや、地獄を見なくてもすむ第三の道が用意されていた!?

 コーナー前に、進む円高・株安、また、民主党代表選をめぐる動きついてニュース報道&青山さんの解説がありましたので、まずこの部分を要旨のみ記述、続けてコーナー本編は完全起こしでお送りいたします。

 コーナー本編は間投詞(「あの」「その」など)や言い直しもできるだけ再現しました。但し、細かい相づちなどは支障のない範囲でカットしています。
 画像はYouTubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。
 ※私の使っているMacOS9でついにYouTube視聴ができなくなりました。
  裏技使ってキャプチャしたので画像が粗いですが、ご容赦を<(_ _)>


 内容紹介ここから____________________________


 …………青山さんの解説(あくまで要旨)…………
    (  )内は山本浩之キャスターの発言です
 
菅首相と日銀・白川総裁が電話会談 為替動向含む現在の経済情勢などについて意見交換(FNN8/23)
東証平均株価、約1年4カ月ぶり9,000円割り込む 野田財務相「極めて注意深く見守りたい」(FNN8/24)
菅首相、野田財務相や仙谷官房長官と会談 マーケットの動向を注意深く見守るよう指示(FNN8/25)

(経済無策に関してはいろんなところから批判の声が日増しに強くなってまいりました。そしてこの円高が急激に進んできて、欧米では一時1ドル83円58銭という状況をみて、これ政府と日銀というのは、具体的にはどういう手を打つべきなんでしょうか)

 かなりの数の経済評論家が、実は政府も日銀も打つ手はほとんどないんだとおっしゃってるんですけどね。それ逆に言うと、打つ手が少ないのは事実だが、やるべきことは実は極めてはっきりしてる。まず政府でいうと直接マーケットに介入するしかない。それはアメリカ、EUが支持しようがしまいが、っていうか支持してくれないが、それと関係なく単独で介入する以外にはありません。

 日銀については実は3つぐらい手段あることはあるが、その中で僕は日銀が一番嫌がってる政策金利を、今は0.1%ぐらいだがそれをゼロにするということしかないと思ってます。金利がゼロになると日銀としてはやれることなくなるから、存在価値を否定されるようなもので、それが一番嫌なんですけれども、その嫌なことをあえて日銀がやるというのが決意を示すことになるので。

 従って政府も日銀ももうやることはそれぞれはっきりしてるので、やるかやらないかだけのことなんですよ。難しい話じゃないんですね、本当は。

(大変明快なお答えで、やれることは限られていると。じゃあどうしてそれを政府も日銀もやらないのか?)

 その理由も実は非常にはっきりしてると思う。まず政府について、どうして為替マーケットに介入しないのか。たとえば98年4月、1日で2兆6000億円のお金をつぎ込んで介入したこともある。それで何とか円を正常な範囲内で動かそうと努力していったのに、何でしないのかというと、今回はアメリカもEUも一緒にやってくれないから。というか、まず第一にとにかくアメリカが反対してるのが怖いということ。いつまでもアメリカにびびってるのが第一。

 第二は、アメリカやEUが同じ方向で介入してくれなかったら効果ないんじゃないかと。1兆も2兆も使って効果なかったらどうしようかということでも、ある意味腰が引けてる。3つめは経験不足で、政権交代してからそろそろ1年近くなるが、この間、本格的な経済政策ってやってこなかった。衆院選で約束した農家の個別補償とか、子供手当とか、高校教育の無償化とかをやってきて、本格的な、マクロもミクロも合わせて経済政策やってこなかった。はじめて直面したのでやり方を知らない。

 だけど3つめのことについて言うと、今の民主党政権は無策だって言うだけで僕はすまないと思ってるのは、今のねじれ国会をいわば活用する最大のチャンスがたった今訪れていて、今朝の新聞で、自民党にとったら政府与党が棚ぼたみたいに失敗ばかりしてくれるので、自民党としてはチャンスだみたいな記事があったが、そういう記事自体が古い発想。そうじゃなくて、今まだ盆明けだから国会は9月ですねと言ってるんじゃなく、すぐに臨時国会開いて、いつも論戦だけのお互いに非難し合うような予算委員会じゃなくて、今まで自民党政権はずっと長いこと経験してきた、さっきの1日で2兆6000億使ったのも自民党政権だから、その時どうだったのかも含めて、当然これは自民党が国難に際して知恵を貸すべきであって、民主党の方も知恵を下さいと言うべきであって、まともな意味の政策連合とか危機に対処するってことはできるわけですよ。

 今言った3つともアメリカに対してびびってるってことも、実は、じゃあ自民党時代びびってなかったのかというと、あの時はアメリカが協力してくれたということであって。これは実はやっぱり日本の根幹の病がここに来て噴き出てるってことだと思います。

(与野党の壁を乗り越えて、一緒に臨時国会開いて、決めていかなきゃいけないと。政治のあるべき姿なんですが、なかなかそういうふうにいかないのは、目前に迫った民主党代表選。こちらの方にみんな必死になって奔走してるからなんでしょうね)

 そうです。民主党は民主党の中で足の引っ張り合い、そして国会全体でいうと与野党全体で足の引っ張り合いをするのが日本政治になってるわけですよ。しかし政治は本来は仲間内とか、すぐ横の国会議員と喧嘩するんじゃなくて、大きなアメリカとか、そういうところとがっぷり四つに組むのが政治じゃないですか。

民主党代表選 小沢前幹事長、鳩山前首相と会談 出馬について一両日中に判断へ(FNN8/25)
民主・小沢前幹事長、自身が主宰する政治塾で講演 代表選出馬には言及せず(FNN8/25)
民主党代表選 菅首相と鳩山前首相が会談 山岡副代表らは小沢氏に出馬要請へ(FNN8/25)

(山岡副代表のあの言葉(山岡氏曰く「何とあっても連立体制を組むことが第一。レッドカードを突き付けた相手は、とりあえず代わっていただきたいというのが本音でいらっしゃるわけですから。その代表としては誰がいいのかと」)は、レッドカードということは、公明党との民公連携とかそういう話になってくるわけですね

 全くそうですよね。山岡さん自身が本音って言葉を使われてましたが、ご自身の本音、それから小沢グループの本音が出たというところで。こないだの参院選で公明党の山口代表はレッドカードを菅さんに対して突き付けてたわけだから、菅さんがいる限りは民公連携できない。逆に長いこと公明党、創価学会側とつき合ってきた小沢さんが総理になってたら民公連携できるでしょうと。そうするとこの「アンカー」でも解説した通り、ねじれ国会は一発で解消するでしょうと。そうすると今の悩みは何もなくなって、解散総選挙も遠のくじゃないかということを、もろに言われてましたね。

(言われてましたね。ちょっとびっくりしましたけど)

 いかに追い詰められているかということですね。山岡さん含めた小沢グループは。

(小沢さんご自身の本心は?代表選に出るのか?)

 で、僕、今ヤマヒロさん、ええ、そうですと言ったのはですね、民公連携をやりたいっていうのが小沢さんの本心なので。同時に今ヤマヒロさん聞かれたのは、代表選に出たいのか出たくないのか、もっとはっきり言うと総理になりたいのかなりたくないのかっていうことでもありますよね。本心は僕は出たいって気持ちはもう満々にあると思います。が、小沢さんの現在の本当の状況は進むも地獄、退くも地獄。

 代表選挙に出たとしますね。勝って総理大臣になったとする。じゃあそれで万歳かというととんでもない。もう検察はあきらめたはずの政治とカネの問題が国会で徹底的にやられる。検察庁というのはあくまで法律の範囲内でしかできないが、国会は国政調査権を持ってて、別に刑法や刑事訴訟法に縛られずにやれる。で、検察は要は、時効にかからなかった小沢さんの容疑というのは、政治資金収支報告書にちゃんと書いたかというだけのことだから、たとえば土地を買ったという4億円のお金はどこから出たのかということは、あくまで本論じゃなくて動機の追及だけだったから、検察は結局それはやりきれなかった。ところがそれ国会だと徹底追及できる。

 それで小沢さんは4億円どうやって作ったかというのは4回ぐらい話が変わってる。最初は皆様の献金と言っていたのが、そのうち金融機関から融資を受けたになり、そのうちこつこつ貯金してたって話になったり。4回も変わった話をもう一回国会でできるわけがない。5回めの説明したらよけいアウト。そうすると総理になったら地獄。代表選に出馬して負けたら即死状態。政治的に死んでしまう。じゃあ出なかったらどうなるか。菅さんに戦わずして負けたのかになって、これ今、地獄のような状況に小沢さん立ってるわけですね。

(代表選に出なくても地獄見ないですむ方法はまだ残されてますか?)

 残されてます。それを今、水面下でやってて、それがほとんど報道されてないのが現状。従って…。

 …………以下、“ニュースDEズバリ”全文起こし…………

みのもんた氏の韓国に対する認識の間違いを正す「SAPIO」06.4.26号

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


 狭い自宅が古い雑誌や本でいっぱいに。
 このままあっさり捨ててしまうのももったいない。
 というわけで始めた「捨てる前にテキスト化」シリーズ。
 第2弾の今回も「SAPIO」からの転載です。

 (第1弾はこちら→7/27付:日本統治を直視する韓国の静かなる肉声「SAPIO」01.9.26号


 全文起こしここから____________________________

100823-sap1.jpg

「SAPIO」2006.4.26号
特集【韓国「堕ちた偶像」】より

<嫌日流>
韓国「反日世論」の罠 前編

拝啓 みのもんた様 イチロー・バッシングはどう考えても言いがかりですよ

作家 井沢元彦

 3月に開催されたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)は、見事日本の優勝で幕を閉じた。一方で、日本に2勝しながら準決勝敗退となったお隣・韓国では、“日本の英雄”イチローに対し、なぜか大バッシングが起こっているという。「向こう30年は日本には手を出せないなという感じで勝ちたい」という発言が火種となり、マスコミやインターネットで誹謗中傷が止まらないのだ。
 よもや準決勝敗退の憂さ晴らしではあるまいが、驚くことに日本国内にもこれを擁護する人間がいるという。作家・井沢元彦氏が、自らの髪の毛を賭けて日本を代表する文化人の認識を正す。

最近の民主党はもう何をどう突っ込んでよいのやら

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


100821-oza.jpg

 最近の民主党、(゚Д゚)ハァ?なことが多すぎませんか。

 いや、前から(゚Д゚)ハァ?だらけの政党でしたが、ここ2日ほどのニュースを見てると、もうあまりに突っ込みどころが多すぎて、何をどう突っ込んでよいのやらって状態です。

 そのあたり、今日は細切れぼやき風にまとめてみました。
 

「アンカー」タンカー爆発&米国防総省「年次報告書」と58年分のツケ

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


■8/18放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

どうなる日米関係…日本見捨て“東南アジア重視”にシフトするオバマ政権真相は?青山がズバリ

100818-14rettou.jpg

 ホルムズ海峡のタンカー爆発事件の深層、米国防総省が発表した中国の軍事動向に関する「年次報告書」の解説など、今週も盛り沢山です。

 間投詞(「あの」「その」など)や言い直しもできるだけ再現しました。但し、細かい相づちなどは支障のない範囲でカットしています。
 画像はYouTubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。
 ※私の使っているMacOS9でついにYouTube視聴ができなくなりました。
  裏技使ってキャプチャしたので画像が粗いですが、ご容赦を<(_ _)>


 内容紹介ここから____________________________

(まずはVTRでストレートニュース)

ホルムズ海峡商船三井タンカー損傷事故 調査委員会第1回会合 前原国交相も出席(FNN8/18)

山本浩之
「このニュースにつきましては、先週の青山さんの“ニュースDEズバリ”のコーナーでも触れられました。で、このあとの、今日の“ニュースDEズバリ”のコーナーでも詳しく解説をしていただけると、聞いております」

青山繁晴
「はい。あの、まずですね、皆さんあの、今のニュースご覧になってね、あの、おかしいなと、お感じになる方もいらっしゃると思うんですよ。というのは、これ7月28日に起きたことですね。もうそろそろ1ヶ月に近づいてて。えー、起きてから20日ぐらいの間は、要するにタンカーがへこんだだけ、で、インド人の乗組員の方が1人軽傷を負っただけ、だから大したことないっていうふうに、日本の国内報道は全般にそう流れていて」

山本浩之
「そうですね」

青山繁晴
「で、その中で『アンカー』は、まあヤマヒロさんおっしゃった通り、1週間前に、いや、重大なテロ事件の可能性が高いという趣旨の放送したんですけど、あの、一般的なメディアもですね、他のメディアも、昨日あたりから突然話が変わってきてですね、で、その理由っていうのはその、国交省がレーダーの解析結果を、こうまあ情報として出したからになってんですが、レーダーの情報解析は前からやってるわけですよ。で、突然にあの、いや、あの、実はテロらしいって話に一般報道も変わり、そして、今日この調査委員会が開かれたわけですけれども、その背景にあることをあえて一言で申せばこれです(フリップ出す)」

100818-01frip.jpg

山本浩之
「『顔色が変わった』」

「日本の、これから」日韓の未来 古屋君と崔監督&ドラマ「歸國」

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

100814-04fusa.jpg

 以下は、【8/14放送 NHK「日本の、これから」ともに語ろう日韓の未来】における討論の一部です。

 2ちゃんねるのNHK実況板ではこのやりとりをめぐり、ちょっとした祭りになりました。
 画像はYouTubeで拾った動画をキャプチャさせていただきました。


 内容紹介ここから____________________________

国の行く末を案じ…【将兵万葉集】(5)戦争裁判の犠牲者-2

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

1008-1shouheifuji.jpg

 「太平洋戦争 将兵万葉集」山口志郎 編・東京堂出版(1995年初版)という本があります。
 昭和に生きて、戦い、多くは亡くなって行った兵士・軍人の和歌がまとめられた本です。

 鎮魂と平和への願いを込めつつ、拙ブログではこの本から少しずつ和歌を紹介しています。
 今回は【戦争裁判の犠牲者】の項からの引用、その2回目です。
 
※過去記事
2/6付:北方領土の日によせて【将兵万葉集】(1)シベリア抑留者
3/8付:中共が靖国を否定する理由【将兵万葉集】(2)特別攻撃隊・神風-1
5/7付:民族の誇りに…【将兵万葉集】(3)特別攻撃隊・神風-2
7/20付:勝者に裁かれ【将兵万葉集】(4)戦争裁判の犠牲者-1
 
 和歌を紹介する前に、最近心に残った言葉を引用します。
 「WiLL」9月号に掲載された作家の浅田次郎さんのインタビューより。
 (浅田次郎さんの最新作で、昭和20年8月15日以降に始まった北千島・占守島の戦いが舞台である「終わらざる夏」にまつわるインタビュー)

【僕らは戦争を画一的、概念的に理解してしまっている。百人の戦死者には百人の人生があったことを、戦争を語るにおいて忘れてはならない。
 しかし、時が経てば経つほど、一つの現象として伝えられてしまいがちです。真の風化とはこういうものでしょう。
 たしかに日本人は六十五年間、夏になれば本を出し、テレビでは特別番組が流れ、戦争を忘れないように努力してきた。一所懸命やってきた結果、むしろある画一的なイメージが出来上がって、逆に戦争を風化させてしまっていたのです。これは盲点でしょう。】

「アンカー」はずれ者日本&菅談話と在サハリン韓国人支援のおかしさ

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


■8/11放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

北朝鮮が米韓軍事演習に猛反発・中国海軍の増強!緊迫アジア情勢…青山解説

100811-18danwa.jpg

 前半は南シナ海でにらみ合う米中と、はずれ者になりつつある日本。
 後半は菅談話。談話に盛り込まれた在サハリン韓国人支援がおかしな話であることにも言及してくれました。

 今日は山本浩之キャスターが夏休みにつき、岡安譲キャスターがメインキャスターを担当されています。

 間投詞(「あの」「その」など)や言い直しもできるだけ再現しました。但し、細かい相づちなどは支障のない範囲でカットしています。
 画像はテレビ画面からデジカメで撮影しました。粗いですがご容赦下さい。
 ※お盆前だからでしょうか、普段は常に2~3人の方がUPして下さっているYouTubeに今週は全く動画が存在しませんでした(もしかしたらUPして下さってるのかもしれませんが見つけられない(T^T))。


 内容紹介ここから____________________________

岡安譲
「さ、続いてですが、青山さんの“ニュースDEズバリ”のコーナーにまいりたいと思うんですが、さて今日はどんなお話を」

青山繁晴
「はい。あの、今年は敗戦から65年目っていうことで、今日は8月11日ですけども、ま、敗戦記念日に向けてですね、あの、戦争を振り返る、こうテレビ番組もたくさんやってるわけですけれどね。一方で実はその、私たちの今生きてる世界、この2010年の夏、の、日本を巻き込むっていうか、日本に深い関係のある重大な安全保障上の危機的状況が進行している。で、メディアでもあんまりそれ伝えられてない。ところが、その上で今日のキーワードは、あえてこう言わざるをえない(フリップ出す)」

100811-01frip.jpg

岡安譲
「『はずれ者?』」

青山繁晴
「うん。これあの、書くまでだいぶ悩んだんですけどね、これあの、誰がはずれ者なのかというと、私たち日本が、その、日本を取り巻くアジアの中で、安全保障の危機が進行してるのに、日本はどう考えてるのか、日本はどうしたいのかってことを、そもそも聞かれない

岡安譲
「え?聞かれない?」

青山繁晴
問題にされてない。で、同時に日本側もそれをアジア、世界にアピールしてない。結果的にはずれ者になりつつあるんじゃないかっていうことを、これも今日、具体的に皆さんと一緒に考えてまいりたいと思います」

岡安譲
「はい。コマーシャルのあと、詳しく青山さんに解説していただきます」

(いったんCM)

岡安譲
「コマーシャル前の青山さんのキーワードは『はずれ者?』でした。えー、日本は安全保障の面で、危機的な状況にあるということなんですが、一体どういうことなんでしょうか。詳しくお願いします」

100811-02title.jpg

青山繁晴
「はい。あの、日本に関係ある安全保障の危機っていうと、どなたも朝鮮半島の現状に気持ち行くと思うんですね」

村西利恵
「すぐ思い出しますが」

青山繁晴
「えー、北朝鮮が韓国の哨戒艦を撃沈したりっていう、大きな事態が起きてるんですけれども。しかし、えー、日本の経済活動って世界中広まってますから、決して朝鮮半島の問題だけが日本の死活問題じゃないんですね。で、皆さん、そう言われるとお気づきの方もいらっしゃると思いますけど、2週間前、『アンカー』でもまさしく、こう生でやりましたけどね。こういうことありましたですね。はい」

菅談話閣議決定 先人への侮辱です

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


 お盆進行は峠を越えましたが、今日もまだ原稿があと1本あります(私の仕事はスーパーのチラシ作成)。
 ざざっとですが、まとめておきます。
 ツッコミ不足は皆さんで補って下さい<(_ _)>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

100810kan.jpg

 内閣総理大臣談話、いわゆる菅談話が本日8月10日に閣議決定されました(画像は午後3時から行われた記者会見)。

 私は前夜、なかなか寝つけませんでした。ろくでもない内容になるのは分かってましたから。このまま朝が来なければいいのにと思ったほどです。

 まずは外務省のサイトより談話の全文を見てみましょう。

海江田万里氏は中共のチベット弾圧を正当化しています

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


 今日は「細切れぼやき」もあります。

100809kaieda.jpg

 民主党の海江田万里衆院財務金融委員長が、9月に行われる代表選への出馬に意欲を見せているそうです。
 小沢氏サイド、鳩山氏サイドにすでに出馬の意向を伝えたのだとか(産経8/7)。

 って……、やめてーーー!(ToT)
 菅さんも嫌だけど海江田さんも嫌です!
 だってこの人、ものすごい媚中ですよ!

 2008年3月、中国共産党によるチベット武力弾圧がありました。
 その当時の「ミヤネ屋」での海江田さんの発言を、拙ブログでは記録していました。未読の方、お忘れになった方のために再録します。

 08/3/22付:チベット問題に関心を持ち続けようからの引用です。


 過去記事引用ここから__________________________

菅談話と戦後補償 仙谷官房長官は恐ろしい人です

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】

100807sengoku.JPG

【注:画像は09年11月「事業仕分け」についての発言であり本文とは無関係です。あくまでイメージ画像ってことで(^^ゞ】

 8/2付:【日韓併合】外国人から見た日本と日本人(19)の最後に、「菅談話については改めて拙ブログでも書きたいと思っています」と予告しましたが、この時はまだ、もしかしたら談話発表を阻止できるかもしれないんじゃないかと淡い期待を抱いていました。

「アンカー」現地取材でわかった普天間移設問題の現状

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


■8/4放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

国会論戦防戦続く菅首相…普天間移設計画は先送り?青山が沖縄現地取材!

100804-11-1sira2.jpg

 沖縄に現地取材に行かれた青山さん。沖縄のトップはじめ庶民の方々と話してわかった、普天間問題の現状とは?

 コーナー前に、参院予算委員会や代表選に向けての民主党の動きについてニュース報道&青山さんの解説がありましたので、まずこの部分を要旨のみ記述、続けてコーナー本編は完全起こしでお送りいたします。

 間投詞(「あの」「その」など)や言い直しもできるだけ再現しました。但し、細かい相づちなどは支障のない範囲でカットしています。
 画像はYouTubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。
 ※私の使っているMacOS9で再びYouTube視聴ができなくなりました。
  (ここ1週間ほどユーザーベージからは視聴ができてたんですが…)
  裏技使ってキャプチャしたので画像が粗いですが、ご容赦を<(_ _)>


 内容紹介ここから____________________________

 …………青山さんの解説(あくまで要旨)…………
    (  )内は山本浩之キャスターの発言です

参院予算委で荒井国家戦略担当相がキャミソール購入について説明 菅首相はまたもブレ(FNN8/4)
民主党代表選挙をにらみ、菅首相の対抗馬擁立に向けた新たな議員グループの会合相次ぐ(FNN8/4)

(まず、今日から参議院に舞台を移した国会をどうご覧になりますか)

 たとえばね、国家戦略担当大臣の荒井さんの答弁でね、国に役立つコミックを読んでたんだみたいな説明も、皆さん口あんぐりして聞いたんじゃないかと思いますけど…。

(あきれましたねー)

 ところが、あの荒井さんの答弁の中で思わず実態がばれた点があるんですよ。というのは、キャミソールを含め、秘書の私物が誤って混入したと言われたでしょ。それどうして誤って混入したかというと、実態がない事務所経費を追及されて、もう何が何でも領収書こうやって集めたんですね。実態がないからかき集めたんですね。その中に800円のキャミソールがあったわけです。だからあれは国会だと追及甘いから済んでるけど、取り調べだったら、あなたじゃあどうして混入したんですか?とやられる場面なんですよね。そこをきちんと追及しない方も追及しない方だと思いますけどね。

(代表選に向けて活発になっている動きについては?)

 これも奇怪なっていうか、珍妙な動きに今のところなっててですね。というのは、9月の代表選でもし菅さん替えるなら、また総理が替わるってことでしょ。これいくら何でもひどいよねって話がやっぱり先に立つから、現職の閣僚の方々はまだ手を挙げられる人いないわけですよ。ということは、主要閣僚やってるような本来ならポスト菅にふさわしいような人でも、今はじっと菅さんの支持を得なきゃならない。ところが一方で小沢さんは全く無役だから、ま、自由に動いてて、国会にも来てないわけですよ、例によって。いつもの小沢さんに戻った、その小沢さんの支持さえもらえれば、ひょっとしたら俺は総理になれるかもと思う、はっきり言うとやや小粒な人たちが今、手を挙げてるって状況です。で、小沢さんとしてはこうやってガサガサ動きを作っておいて、そしてやがて9月の声を聞いて、さあ本番になった時にたとえば突然ね、主要閣僚のうちの岡田さんとか前原さんに手を伸ばして、いきなりそこで支えてってこともありえるわけで。今、小沢さんがむしろフリーハンドを持ってしまってますよね。で、今ちょうど(VTRに)前原さんが映ってますけど、前原さんは反小沢で有名で、前原さん自身が揺らいでるとは僕は思わないけれども、前原グループに対して小沢さんグループの側から手が伸びてることは間違いがないんですよ。ま、そういう状況になってますね。だから今は見せかけの動きであって、何かちょっと高級な四川料理食ったとか(小沢氏に近い松木謙公議員のぶら下がり会見)、そんなのまでいちいちやらなくても(報道しなくても)僕はいいと思いますけど。すみません。

(ただ、動きが不愉快というか、有権者からするとバカらしいというか)

 さっきの国会答弁と合わせると、去年の8月に政権交代を果たして、みんなが政治に新しい期待を持ったのに、やっぱりそのことに一番責任を感じてほしいですよね。

 …………以下、“ニュースDEズバリ”全文起こし…………

【日韓併合】外国人から見た日本と日本人(19)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
読者様向け掲示板もどうぞご活用下さい(^o^)】


このシリーズの一覧(人物名と国名)を作ってあります。
 【一覧】外国人から見た日本と日本人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「外国人から見た日本と日本人」。第19弾です。

 今年は日韓併合から100年ですね。
 今回はこれに関連した記述をまとめてみました(敬称略)。

※過去に紹介したものも混じっています。新規は■、紹介済は○です。
※イザベラ・バード著「朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期」については拙ブログで紹介済ですが、このシリーズでは初出ということで新規扱いにしています。
 

プロフィール

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索