ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

今年1年振り返り

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 今日は、拙記事のタイトルから今年1年を振り返ってみようと思います。
 できるだけその時々のニュースに即したものをピックアップしてみました。

 手抜きですんません(^^ゞ
 って、いや、実はけっこう時間かかってるんですよ。過去記事いちおう1枚ずつめくりましたから。自分のブログとは言え、細かいことはけっこう忘れちゃってるんですよね(T^T)
スポンサーサイト

「太田総理SP」田母神氏スタジオ出演

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■12/26(金)日テレ「太田総理の承認喚問!2008年世間を騒がせた21人を徹底追及SP!」

081226-17yokuitta.jpeg

 田母神前空幕長が12月26日から4日連続で民放のテレビ番組に出演中です。

   12/26(金) 日テレ「太田総理」
   12/27(土) TBS「ニュースキャスター」
   12/28(日) 日テレ「ザ・サンデー」
   12/29(月) テレ朝「TVタックル」

 今回ばかりは、テレビが視聴率史上主義で良かったなと思います。参考人招致では完全に言論封殺されてしまった田母神さんの生の声を、国民が広く聞く機会を与えられたわけですから。

 田母神さん、関西ローカルではいち早く「たかじんのTV非常事態宣言」「たかじんのそこまで言って委員会」に出演されましたが、全国ネットでは日テレの夕方のニュース番組に出られたぐらいだったのでは?

 「太田総理」と「TVタックル」は録画だから編集でカットもされてるでしょうが、「ニュースキャスター」と「ザ・サンデー」は生放送ですよね。

 できたらこのうち2~3本テキスト起こしを、なんて当初は考えてたんですが、やっぱり無理(T^T)。他のお宅ほどじゃないでしょうが、やっぱり年末は忙しい!(T^T)

 とりあえず、今回「太田総理」のみテキスト化しました。

 細かい相づち、ツッコミ、間投詞、言い直しはカット。言葉尻など曖昧な箇所あり。また複数の人がいっぺんに喋ることが多いので、そのへんも曖昧。それ以外は完璧だと思います。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。


 内容紹介ここから____________________________

「ムーブ!」中共独裁終結を求める署名“08憲章”

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■12/24放送「ムーブ!」チャイナ電視台

一党独裁変わるか…中国に吹き荒れる民主化要求の嵐“08憲章”拡大の背景(当日のテレビ欄より)

081224-04title.jpeg

 上村幸治さんのコメントは紹介されているものの、スタジオに専門家は不在。うーむ。
 でも日本で全くと言ってよいほど注目されてない“08憲章”を取り上げた、そのこと自体はGJ!

 細かい相づち、ツッコミ、間投詞、言い直しはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はデジカメでテレビ画面を撮影しました。粗くて申し訳ありません。


 内容紹介ここから____________________________

TBSの東條英機のドラマを見て感じたこと

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 拙ブログでは毎週木曜は通常、前日の水曜に放送されている「アンカー」青山繁晴さんコーナーのテキスト起こしをUPしてるんですが、実は今週は放送時間が短縮されており、青山さんコーナーはお休みでした。

 その代わりと言っては何ですが、12/24(水)はTBSで「シリーズ激動の昭和 あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機」をやってましたので、今日はそれについて書きたいと思います。

 「どうせTBSだし、また日本軍を悪者にしたドラマなんだろうな。特に今回は東條英機がどんなに悪人だったかってのを見せるドラマなんだろうな」と思って、当初は見るつもりはありませんでした。
 が、あのビートたけし氏が東條英機を演じることを知り、ちょっと興味を持ったので、公式サイトを見に行ったんです。

 で、このたけし氏の発言を見まして――

このドラマで昭和天皇はかなり冷静に、「戦争を望まない、平和を望む」って歌に託しているんだよね。阿部くん演じる石井とか、軍人にも冷静な人間がいたんだよね。だから戦争に関してはね、軍人だけじゃなく、国民全体がお祭り騒ぎになってたところもあると思うよ。代表である首相や軍人が開戦する決断をくださなければならないような空気を国民も作ったんだと思う。どの時代でも、国の大多数である人々にも責任があって、一部の指導者だけが悪いというのは嘘だと思うな。だからね、現代に置き換えても、国民として責任を取る努力をするとか、知識を得なければならないと思うよ。

 ――もしかしたら、ちょっとは期待できるのかしら?と。

 ただ、オリジナルテキスト(原作)が、一部で「蛸壺史観」と批判されてる保阪正康っていうのがちょっと引っ掛かりましたが(wikipedia参照)、まあでも思いっきりサヨクな学者よりはいいかと思い、期待半分、不安半分でしたが、とにかく見てみることにしました。

 第一部のドキュメンタリー部分は細切れにしか見てないのでよく分からないんですが(午後7時前から11時半までって長すぎ!(T^T))、第二部のドラマはけっこう微妙でしたね。

 どんな内容だったか?というのを、めちゃ雑ですが、ドラマのスタンスが表れてるであろう場面を中心にまとめてみました。
 (  )内は私のツッコミです。

 あ、ちなみに東條の側近だった石井秋穂が準主役。石井は開戦反対派です。
 また、総じて開戦派は過去の戦争ドラマにも見られたような声が大きくて高圧的なキャラ設定、開戦反対派は落ち着いてて「良い人」的なキャラ設定でした。


 大ざっぱな内容紹介ここから_________________________

外国人から見た日本と日本人(8)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 本日は天皇陛下の御誕生日ですね。
 ご病状が気にかかる今日この頃ですが、くれぐれもお大事にあそばされますよう心よりお祈り申し上げます。

 祈りを込めつつ、久々に「外国人から見た日本と日本人」第8弾です。
 今回も有名なもの、さほど有名でないもの、戦争に関連するもの、関連しないもの、新しいもの、古いもの、各種取り混ぜております(敬称略)。

 まずは「つかみ」ってことで、9月29日に行われた麻生太郎内閣総理大臣の所信表明演説より、以下の言葉をお送りいたします。

 「日本は、明るくなければなりません。幕末、我が国を訪れた外国人という外国人が、驚嘆とともに書きつけた記録の数々を通じて、わたしども日本人とは、決して豊かでないにもかかわらず、実によく笑い、微笑む国民だったことを知っています。この性質は、今に脈々受け継がれているはずであります。蘇らせなくてはなりません
 

五百旗頭イズムが防大生を苦しめる

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 やや古い話で恐縮ですが、12月9日に放送されたNHK「クローズアップ現代」、皆さんご覧になりましたか?田母神論文問題がテーマでした。

 これを見てまず驚いたのは、26分間の放送時間中、主役であるはずの田母神前空幕長のインタビューが、記者の質問も含めたった45秒間しかなかったことです。

 田母神さんの発言はこれだけでした。

 「不安を与えるから(自衛官は)ものを言うべきでないということはね、結局、私は発言を封じていることだと思うんです」
 「自分たちの先輩がね、残虐行為をした、侵略をした、ろくな国じゃなかったというふうなことを教え込まれたんではですね、やっぱり国のために頑張るという自衛隊はできませんね」

 加えて言えば、この田母神さんの発言直前の小松基地元幹部や元航空幕僚長の発言は字幕入りで流されたのに、田母神さんの発言は字幕なし。そんなに田母神さんの主張が国民に浸透するのが怖いんでしょうか?
 ま、田母神さんの参考人招致の中継もしなかったNHKですから、想定内といえば想定内なんですけどね。


 それ以上に私が驚いたのは、防衛大学校の校長の五百旗頭真(いおきべ・まこと)氏の思想です。

081220iokibe.jpeg

 先に白状しちゃうと、実は私、五百旗頭氏がトンデモな人だということをこれまで全く知りませんでした(T^T)

 まず、「クローズアップ現代」で五百旗頭氏がどんなふうだったか?というのを書き起こしてみますと――

「アンカー」中国発?新型インフルエンザとチベット(付:08憲章)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■12/17放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

爆発感染新型インフルエンザで政府が恐れる最悪シナリオとは?青山ズバリ

081217-19frip2.jpeg

 新型インフルエンザの発生源となる危険性が高い中国。この問題はチベットとも深く関わっています。
 また北京五輪終了後、中国に関する報道全体が減っていますが、それは日本の国益をも同時に損なうことにつながると亡命チベット人は指摘しています。

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。


 内容紹介ここから____________________________
 
(悪化する雇用情勢など経済のニュースを取り上げた後)

山本浩之
「さ、青山さんの“ニュースDEズバリ”のコーナーにまいりたいと思います。今日はどういうお話を?」

青山繁晴
「ええ。あの、今日も雇用不安と、それから今ひょっとしたら世界恐慌に入るかもしれないっていうね、その経済の話が重大なんですけど、この経済にもさらに下手すると悪影響を及ぼすかもしれない重大な危機が今、迫りつつあって、それは皆さん、こう言うと分かる人いると思うんですけど、それは新型インフルエンザですよね。で、新型インフルエンザは実はその、最近いろんなメディアで取り上げるようになりました。『水曜アンカー』では4月にやったんですけど(4/2放送「アンカー」新型インフルエンザ 火種はやはり中国?参照)、最近ずいぶんと取り上げられるようになったんですが、実は肝心なことが抜けてる気配があって、そのひとつがこれです(フリップ出す)」

081217-01frip1.jpeg

山本浩之
「『中国発?パンデミック』」

青山繁晴
「はい。あくまで『クエスチョン』なんですが、パンデミックというのはその新型インフルエンザの世界的な、しかも爆発的な流行のことを言う英語の造語なんですけど、その始まりが実は中国かもしれないと、それに備えなきゃいけないっていう話をしたいと思います」

山本浩之
「分かりました。ではコマーシャルをはさんで青山さんの解説です」

(いったんCM)

 …………………………VTR開始…………………………

 新型インフルエンザのパンデミック。

081217-02hasseigen.jpeg

 人類が未だ経験していない新型インフルエンザの発生源になる危険性を指摘されているのが中国。

081217-03gyouza.jpeg

 今年中国を巡っては、中国製の冷凍ギョーザを食べた日本人が下痢や吐き気を訴えた毒ギョーザ事件をはじめ、

081217-04tibet.jpeg

 チベット自治区で僧侶らのデモ隊と警察隊が衝突する大規模な暴動が発生。

081217-05free.jpeg

フランス人(?)男性
「フリーチベット!」

081217-06seika.jpeg

 北京オリンピックの聖火リレーでは、中国政府に対する抗議活動が世界各地で相次ぐ。

081217-07gorin.jpeg

 その北京オリンピックは、死者・行方不明者8万人を超えた四川大地震を忘れさせるほど華やかに成功させた中国だったが、これで終わりではなかった。
 次に中国で起ころうとしているのは世界中を震撼させるパンデミックかもしれないと、青山は指摘する。

081217-08title.jpeg

 今日は中国発新型インフルエンザ、パンデミックの危険性をズバリ解説します。

 …………………………VTR終了…………………………

「ATLAS日本」アメリカ人が見た現代日本

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


081215atlasjapan0.jpeg

 皆さんはディスカバリーチャンネルというのをご存知でしょうか。
 アメリカのケーブルテレビネットワークチャンネルで、世界170カ国以上で放送され、視聴世帯数4億5千万世帯を擁する世界最大のドキュメンタリーチャンネルです。

 そのディスカバリーチャンネルで「ATLAS」シリーズというのが順次、放送されました。世界の国々の文化、歴史、地理、自然の豊かさなどを紹介するドキュメンタリー番組です。

 今日はその中から、「ATLAS 日本」の内容をちょこっとだけ紹介します。
 日本では11月9日に初回の放送がありました。

「たかじん非常事態宣言」国籍法 河野太郎電話出演

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■12/8放送「たかじんTV非常事態宣言」『国籍法』河野太郎電話出演

081208-01sentai.jpeg

 月曜深夜24時台に読売テレビでやってる番組です。なので実質的には12/9放送。「たかじんのそこまで言って委員会」と違い、放送エリアは基本的に関西のみのようです。

 この番組を起こすのは、11/29付:「たかじん非常事態宣言」田母神氏電話出演(付:国籍法改正案)に続き2回目です。

 この日の出演者は以下の皆さん。
 やしきたかじん、宮崎哲弥、勝谷誠彦、森武史(読売テレビアナ)、脇浜紀子(読売テレビアナ)、河野太郎(電話出演)……敬称略。

 国籍法改悪の問題が取り上げられたのと、あと河野太郎も出演したので、起こすことにしました。
 12月5日の法案成立当日に特集を放送した「ムーブ!」同様、タイミング的には遅すぎるのですが、今後の世論形成のためには決して無駄にはならないと思います。

 (但しこの番組、収録日は放送日よりかなり前らしいです。今回で言うと、勝谷さんの発言の中に、田中康夫議員が国会でDNA鑑定について質問したって話が出てくるので、自動的に収録日は11月27日以降ということになろうかと。生放送の「ムーブ!」と違ってタイムラグが発生するのは仕方ないのかな、とも思います)

081208-02tusima.jpeg

 さて、この日はまず勝谷誠彦さん主導で対馬問題が取り上げられました。

 韓国人観光客やプロ釣り師のマナーの悪さ、ムクゲの花を植えて既成事実化を図ろうとする韓国人、韓国資本の不動産買い占め、などなど。
 この部分は「ワテもボヤかずでか。」さんが起こして下さってます。ぜひご覧下さい。勝谷さんが突っ走ってます。関西深夜ならでは!?(≧∇≦)

 対馬問題の次に、国籍法が来ました。拙エントリーではそこから起こします。

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット。言葉尻など曖昧な箇所あり。また複数の人がいっぺんに喋ることが多いので、そのへんも曖昧。それ以外は完璧だと思います。
 画像はネットで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。


 内容紹介ここから____________________________

「アンカー」報じられない6カ国協議の真相&金賢姫の手紙

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■12/10放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

どうなる拉致問題…6カ国協議注目点を青山がズバリ

081210-09title.jpeg

 日本のメディアが報じない6カ国協議の真相とは?北朝鮮の策略とは?
 また、金賢姫が長い手紙の中で語った日本へのメッセージとは?

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました(最初のフリップの画像だけデジカメ)。


 内容紹介ここから____________________________

「ムーブ!」ウトロは今

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■12/4(木)放送 ABC(朝日放送)「ムーブ!」藤井誠二の“事件後を行く”

在日コリアンが支えた街…ウトロは今(当日のテレビ欄より)

081206-29harigami1.jpeg

 不法占拠してただけなのに「支えた街」とはこれいかに?
 ぶっちゃけ、これって在日間の内輪もめなんですけどねぇ。

 「大阪府が保育園の畑を行政代執行」の時もプロ市民園長側を擁護してた藤井誠二氏の取材だし、たぶんこうなるだろうなーと思って見てたら、やっぱりこうなりました(T^T)

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。○○は聞きとれなかった箇所です。
 ※紫色の字は私くっくりのツッコミです。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。


 内容紹介ここから____________________________
 
 …………………………VTR開始…………………………



 「ウトロに愛を」――



 京都府宇治市にあるウトロ51番地。
 この土地におよそ180人の在日韓国・朝鮮人が暮らしています。

 戦時中、日本は国策事業として京都飛行場の建設に着手、ウトロがその建設に動員された在日韓国・朝鮮人の宿泊地となったのです。
 ※さすがに「強制連行」という言葉は使っていませんが、「動員」という表現では、視聴者に「徴用」つまり「本人の意志に反して連れて来られた」という誤解を生じさせないでしょうか?韓国の大手紙・朝鮮日報でさえこれまでの嘘を認め、「この地で働いていた韓国人労働者1300人は、当時の徴用令により連れて来られたわけではない。故郷で生活ができなくなった植民地の国民が、経済的問題などさまざまな理由により、自らの思いとは関係なく植民地宗主国へと移住したケース」と報道しています。朝鮮日報の当該記事の内容については、「依存症の独り言」さん07/9/25付記事を参照。



 しかし、終戦によって計画は頓挫。
 戦後の混乱の中、行き場を失った人たちがここに残ったのです。

【字幕:置き去りにされた街 ウトロ】



ウトロに残った在日1世
「3年間4年間、○○とあらね、さあ言うて(韓国に)引き揚げた人は、みんな戻ってきたわ。なぜかちゅうと、家はないわ…」



 人々は失業と差別に苦しみました。
 この落書きは「差別」とは無関係。後述します。

 それでもここがふるさと。貧しいながらも生計を立ててきたのです。



 そんなウトロの街が大きく揺れたのは、1989年。
 土地の所有者が立ち退きを迫る訴訟を起こしました。

ウトロに残った在日1世
うちらはここに住む権利があるわけ



 立ち上がった住民。裁判は2000年の最高裁までもつれるも――

【字幕:ウトロ訴訟 全住民の敗訴が確定



ウトロ町内会 厳明夫 副会長(2000年)
「不法占拠だと裁かれたのが非常に残念です」

 いつ強制執行となるか。そんな恐怖の中、去年ウトロに一筋の光が差したのです。

「ザ・スクープ」真珠湾以前に米国が日本爆撃を計画していた

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

【追記:12/8 13:05「サー・フォール」の記事】

 本日12月8日は真珠湾攻撃の日ということで、ここ数日、テレビ各局がさまざまなドキュメンタリーやドラマを放映していますね。

 そんな中、昨日7日にテレ朝系で放映された「ザ・スクープスペシャル」第25弾、その第一部「幻の米国“日本先制爆撃計画”67年目の真実」は大変興味深かったです。

 テキスト起こそうかなとも思ったんですが、実は公式サイトで放送翌日より動画が配信されるそうなんです。皆さんにはそちらを是非ご覧いただきたいと思います。

 ただ、動画をなかなかゆっくり見られないって方もいらっしゃるでしょうから、いちおう内容をざっと説明しておきますね。

「ムーブ!」法案成立当日の国籍法改正特集

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 残念なことに、12月5日、ついに改正国籍法が成立してしまいました。
 投票結果(誰が反対したか、棄権したか)はこちらに載っています。意外な議員が反対票を投じてますね。
 反対、棄権(欠席)の理由等は今、2ちゃんねる有志の皆さんがまとめ中。現在のところこうなってます。たとえば輿石東は人間ドックに行ってただけらしい。

 やれるだけのことはやったので、とりあえずここまではこれが最大限の結果だと割り切って、今後につなげていくしかないでしょう。

 行動された皆さん、本当にお疲れ様でした。
 拙ブログに最新情報など書き込んで下さった皆さんも、どうもありがとうございました。私もあまりネット巡回する時間がないもので、大変助けていただきました。
 前回のエントリーにコメント下さった皆さんも、ありがとうございます。このエントリーを書くにあたって参考にさせていただきました(毎度のことですが(^^ゞ)。

 一方で、最近は毎回エントリーに国籍法改正案の告知を載せていたため、全く興味がないのに付き合わされて不快に感じられた方もいたようです。そういう方にはお詫び申し上げます。
 ただ、国籍法改正案と普通のネタを分けて記事をUPしてしまいますと、国籍法改正案の記事にはこの問題に興味のある方だけが集まってしまい、ご存知なかったりあまり興味がない方は素通りしてしまいます。それでは意味がないと私は考えました。どうかご理解下さい。

 ネット上には実にいろんな方がいらっしゃって、中には私たちの行動を高みの見物だったり、あるいはもっとストレートに馬鹿にする人もいたようですが、私は、今回の私たちの行動が決して無駄だったとは思いません。
 
 そもそも今回の改正案の危うさについては、私を初め多くの方が気づいた時点ですでに閣議決定までされてしまってたし、採決を阻止するのが難しいことは、ほとんどの方がきっと最初からお分かりだったろうと思います。

 それでも日本の将来を本気で心配した皆さんは、1%でも阻止できる可能性があるなら何とかしたい、何かをしたい、何かできることはないか、そう考えてそれぞれ立ち上がられたわけですよね。

 その甲斐あって、少なからぬ数の国会議員にこの改正案の危うさを知っていただけましたし、青山繁晴さんのようにローカルとはいえ地上波でこの問題を取り上げて下さった方もいました。行動した意味は十分あったと思います。

 つーか、行動はまだ終結してないんですよね。
 まだまだ世間の多くの人はこの改正国籍法の中身を、いや、存在すら知らないわけですから。

 身近な人に教えてあげる、マスコミに取り上げるよう要請を続ける、チラシを地道に配布する、いくらでもやれることはあります。今後もお互いやれることをやっていきましょう。
 (そういや先日、「外国人参政権に反対する会」のチラシがうちのマンションに投函されてました。地道に頑張ってる方々がいるのを知り、心強く感じました)

 通ってしまった以上は、とりあえず行政が運用面でしっかり対応してくれることを祈るしかありませんが、何せ今回の法改正、素人が見ても抜け穴だらけです。そのうち「事件」が次々に起こる可能性大です。

 そうなった時、「そういえば法改正された時に『危ないぞ』という指摘もあったっけ」となれば、「ああ、やっぱりこれは危ない法律なんだ。再度改正が必要だ」という世論も高まりやすくなるでしょう。
 その意味で言えば、やはり今回の私たちの行動は決して無駄に終わることはないのです。

 以下に12月5日、つまり法案成立当日に「ムーブ!」で放送された改正国籍法の小特集のテキスト起こしを掲載します。
 当日の朝、これを新聞のテレビ欄で知った時、私は「遅すぎる!しかも何で成立した当日にやるの?嫌がらせ?」と非常に腹が立ちましたし、最初は起こす気にもなれなかったのですが、途中で気が変わりました。

 というのも、先ほど言ったように、今後「事件」が発生してニュースになった時、「そういえば法改正された時に『危ないぞ』って『ムーブ!』でやってたっけ」と思い出してくれる方々がいれば、それだけ「再改正を!」という世論も高まりやすくなると思ったからです。

 今はあまり意味がないように見えても、近い将来きっと活きてくるでしょう。その意味では、遅きに失したように見える「ムーブ!」のこの特集もやはり無駄にはならないはずです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■12/5放送 朝日放送「ムーブ!」

偽装認知に悪用も…国籍法改正(当日のテレビ欄より)

081205-06title.jpeg

 くり返しますが「遅すぎる!」。
 だけど報道しないよりマシ。
 「偽装認知に悪用される恐れがある」って問題提起してるだけでもまだマシ。

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はデジカメでテレビ画面を撮影しました。粗くて申し訳ありません。


 内容紹介ここから____________________________

「アンカー」小沢一郎の怨念(付:国籍法改正案)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


●●●国籍法改正案について●●●

■タイムスケジュール■
参院法務委員会は3日午前の理事懇談会で、未婚の日本人男性と外国人女性の間に生まれた子について、父親が認知すれば国籍を取得できるようにする国籍法改正案を4日に同委員会で採決することを決めた。
自民、民主両党が付帯決議案の採択で合意したためで、5日の参院本会議で成立する見通しだ。
付帯決議案は(1)DNA鑑定導入の当否を検討
(2)父親への聞き取り調査など確認作業の厳格化
(3)半年ごとに施行状況を国会に報告-などを盛り込んでいる。
国籍法改正案は自民、民主両党の一部議員から「偽装認知を防ぐためDNA鑑定を導入すべきだ」との意見が出たのを受け、採決が見送られていた。

共同12/3 12:29より引用)

国民新党は3日、参院で統一会派を組む民主党に対し、「DNA鑑定などを義務づけなければ偽装認知が起きる危険性がある」として法案の修正を提案したが、民主党は受け入れなかった。
国民新党は採決で反対する方針。
読売12/3 22:25より引用)

付帯決議案の内容については
フリージャパンの水間政憲法さんのメッセージ
2008-12-03 14:14:27および2008-12-03 15:11:38をご覧下さい。
<超緊急【民主党「国籍法」参院附帯決議(案)】拡散して下さい。>
というタイトルです。


審議・採決の取扱いの主導権は参院法務委員会の民主党委員にあります。
皆さん、引き続きFAXによる要請をお願いします。

盛り込むポイントは3点。
「参院で採決しないで!」
「客観的に偽装認知防止策を担保できる修正条項を付け衆院に差し戻して!」
「最低でも付帯決議から『重国籍』の項目を削除して!」

FAX送付優先順位・名簿についてはこちらをご覧下さい。
★★★11/24付:【救国】国籍法改正案 あきらめるのはまだ早い★★★

最新情報は国籍法改正案まとめWIKIを。
水間政憲さんのメッセージがまとめられたフリージャパンも要チェック。

以下の拙エントリーにも最新情報(12/3までの分)はじめ有益なコメントを多数お寄せいただいております。
12/2付:「たかじん委員会」田母神氏スタジオ出演(付:国籍法改正案)

【おまけのぼやき】
12月3日の「NEWS23」で国籍法改正案の特集やってました。ところが何と「改正されてもまだ日本国籍取れない可哀相な子供たちがいる」って作り。問題はそこじゃないでしょ!(-.-#)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■12/3放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

“超大連立”で政界再編?“壊し屋”小沢一郎代表が最後の大勝負へ!青山がズバリ!

081203-20zu1.jpeg

 今回は小沢一郎スペシャル。
 自民党への「怨念」は凄まじいものがあるようです。

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。


 内容紹介ここから____________________________

「たかじん委員会」田母神氏スタジオ出演(付:国籍法改正案)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

●●●国籍法改正案について●●●

■タイムスケジュール■
2日に予定されていた参院法務委員会の開催が
1日5時からの法務委理事懇談会での協議の結果、流れました。
というわけで、朝日が書いたような
3日の改正国籍法改の成立はありません。

何でも、付帯決議案をめぐって自民、民主両党の調整がつかなかったということです。一部社民党の委員から、「4日の委員会採決、5日の本会議採決ではどうか」という提案もあったそうですが、それは委員長が採用しなかったとのことです。ただ、今後どうなるかは分かりません。また、付帯決議のどの部分が自民と民主の間で折り合わなかったのかはまだ把握していません。
(以上、産経・阿比留記者のブログ12/01 17:50より引用)

審議・採決の取扱いの主導権は参院法務委員会の民主党委員にあります。
皆さん、引き続きFAXによる要請をお願いします。

盛り込むポイントは3点。
「参院で採決しないで!」
「客観的に偽装認知防止策を担保できる修正条項を付け衆院に差し戻して!」
「最低でも付帯決議から『重国籍』の項目を削除して!」

FAX送付優先順位・名簿についてはこちらをご覧下さい。
★★★11/24付:【救国】国籍法改正案 あきらめるのはまだ早い★★★

最新情報は国籍法改正案まとめWIKIを。
水間政憲さんのメッセージがまとめられたフリージャパンも要チェック。

以下の拙エントリーにも最新情報(12/1までの分)はじめ有益なコメントを多数お寄せいただいております。
11/29付:「たかじん非常事態宣言」田母神氏電話出演(付:国籍法改正案)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■11/30放送「たかじんのそこまで言って委員会」

081130-22tamogami.jpeg

 田母神敏雄さんがスタジオ出演されました。
 で、丸ごと90分「国防スペシャル」!

 ラインナップは
  (1)自衛隊と“自虐史観”
  (2)自衛隊は“軍隊”か?
  (3)日本を守るための真の“国防”とは?


◇司会:やしきたかじん 辛坊治郎 (読売テレビ解説委員)
◇パネラー:三宅久之、鈴木邦男、天木直人、桂ざこば、原 和美、勝谷誠彦、宮崎哲弥、井上和彦
◇ゲスト:田母神俊雄(航空自衛隊前航空幕僚長)、松島悠佐(陸上自衛隊元中部方面総監)、川村純彦(海上自衛隊元海将補)

 田嶋陽子の代わりに(by辛坊さん)呼ばれた原和美氏は番組初登場。新社会党副委員長・同党兵庫県本部委員長・元神戸市議会議員。もともと社会党所属でしたが、村山富市が総理大臣になった時に日米安保や自衛隊を認めたため、それは受け入れられないということで新しく新社会党を作ったそうです。

 天木直人氏は元レバノン特命全権大使で、イラク戦争に反対したため外務省を実質的な解雇処分に。9条ネットから出馬したり、色々されてます。

 井上和彦氏は軍事ジャーナリスト。民間における自衛隊応援団ナンバー1とのこと。元自衛官ではありませんので念のため。

 今回は、田母神さんのスタジオ登場シーンから起こします。

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット。言葉尻など曖昧な箇所あり。また複数の人がいっぺんに喋ることが多いので、そのへんも曖昧。
 ●●●は警告音で発言が消された箇所、○○や「…」は聞きとれなかった箇所です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。


 内容紹介ここから____________________________
 
辛坊治郎
「さ、スペシャルゲストでございます。航空自衛隊前航空幕僚長、田母神敏雄さん!(拍手、田母神氏入場)」

081130-01tamogami.jpeg

やしきたかじん
「もう、また何か退職金、自主的に返さんかいみたいなことを、遠回りに言うてるようですが」

田母神俊雄
「そうですね。あの、これだけ長い間頑張ってきたのにですね、ほんと今、生活が苦しくて困ってるんです(会場笑)」

辛坊治郎
「11月3日に定年退職されましたね。定年退職されてこの1カ月、テレビは?」

田母神俊雄
「テレビはもうこれに出るのが最初ということでですね」

辛坊治郎
「これ最初ですか。じゃあこのまあ、生の肉声がこうやってオモテに出るのは、あの国会の参考人を除いたらもうこれが初めて」

田母神俊雄
「初めてです、はい」

辛坊治郎
「皆さん、この方が田母神さんです!(会場笑、再び拍手)」

田母神俊雄
「私はですね、この、危険人物だとか皆さん思っておられると思うんですけれどもね、あの、私と会って5分も話してもらえればですね、私がどれほど穏やかでいい人か……(会場笑)」

辛坊治郎
「じ、自分で穏やかって言う人が、穏やかでええ人でいた試しがないですよ(笑)」

田母神俊雄
「ああ、そうですか。私、気配りをするんですよね…」

勝谷誠彦
「今日のこの番組は本当に日本国のためだと思います。というのは、田母神さんは思いっきり喋ろうと思って、参議院の外交防衛委員会に行ったのに、あの北沢という民主党から出ている●●委員長がですね、これ以上喋ったら衛視に止めさせるとか、こういうことは喋るなとか、事前にさんざん言ってですね、これが民主国家で○○○、まさに北朝鮮の人民裁判のようなことやったわけですよ。そのへんもぜひ話していただきたいんですけども。完璧に喋れなかったですよ、あの時は。だからこの番組で思いっきり喋って下さい」

田母神俊雄
「ああ、ありがとうございます。あの、私はですね、非常に気配りをするんですね。いろんな方に、周囲の方にですね。だからけっこう愛されてるんですよ、皆さんに(会場笑)。私を愛してないっていうの、うちの家内ぐらいです(会場爆笑、大ウケ)」

宮崎哲弥
「それは面白い」

辛坊治郎
「(田母神氏に)めちゃめちゃ面白いですね(笑)」

田母神俊雄
「自衛隊にいる間ですね、喋っちゃいかんとかですね、色々言われるから非常に気を遣ってたんです、私も。おかげでこんなに背が小さくなってしまいました(会場爆笑)」

宮崎哲弥
「面白すぎます(笑)」

桂ざこば
「強烈な人やな(笑)」

三宅久之
「せっかく侃々諤々やろうと思ったのにね(笑)」

鈴木邦男
「イメージが変わりましたよ」

081130-02kokubou.jpeg

やしきたかじん
「いきなり今日は、後ろにね(パネルに)『国防スペシャル』ってガーンと。最初から『何やねんなー!』と(議論白熱かと思いきや)。…いつもより、おもろいやないか(会場爆笑)。いつもより笑い多いわ。何でや…」

辛坊治郎
「行きましょうか!田母神さんをお招きして、さあ、さっそくこのテーマから!」
 

プロフィール

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索