ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

「アンカー」福田内閣改造迷走の裏側(付:竹島で韓国軍演習)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■7/30放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

福田内閣改造迷走の裏側に小沢代表の影?青山ズバリ

080730-09fukuda.jpeg

 ラテ欄は小沢代表の名前だけですが、先ごろ脱税容疑で逮捕された「日米平和・文化交流協会」専務理事の秋山直紀氏の件も絡んできてるようです。

 コーナー直前に伝えられた内閣改造関連のニュースVTR、及びスタジオのやりとりから起こしました。

 また、“ニュースDEズバリ”の後、竹島で韓国軍が軍事演習を行った件が伝えられましたので、それについてのスタジオのやりとりも最後に付けました。

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。各画像をクリックすると新規画面で拡大します。


 内容紹介ここから____________________________
 
山本浩之
「さて、注目される内閣改造の行方です。永田町で今日、大きな動きがありました」

村西利恵
「福田総理は今日、自民党の伊吹幹事長に対し『明日、自分の決断を党と相談する』と述べました。早ければ来月4日改造との見方が強まっています」

 …………………………VTR開始…………………………

福田首相(一昨日)
「(内閣)改造の話はまだしてないんですよね」

 「ある」とも「ない」とも言われてきた内閣改造について、記者を煙に巻いてきた福田総理大臣がついに動いた!?

 自民と公明の与党幹部は今朝、今後の臨時国会を協議する会合を開きました。
 そこで決まったこととは――。

080730-01osima.jpeg

自民党 大島国対院長
「(臨時国会の対応について)改造等が行われたとするならば、どういう内容にし、どういう問題を処理するか。新体制において、しっかり対応してもらいましょうと」

 新体制ということは、近く内閣改造があるのか?

 午後からは自民党の伊吹幹事長が総理の意向を確かめるため、直接福田総理と会談。
 そして――。

080730-02ibuki.jpeg

自民党 伊吹幹事長
「明日の夕刻かな?(WTO)会合に出た両大臣(農水相と経産相)が帰ってこられるというんでね。んー、まあ、その報告をよく総理としてお聞きして、改めて自分の決断というか自分の考えを党とご相談をしますと…

 何ともはっきりしない総理の発言だったようですが、高村外務大臣が来月1日からの外遊日程を急きょ中止したことからも、改造は来月4日か7日に行われるとの見方が強まっています。

 …………………………VTR終了…………………………

山本浩之
「はい。4日か7日が有力と見られていますけれども、まあでもこれもどうなっていくのか分からないんですけどね」

室井佑月
「何だろうね。私ね、福田さんと同じ時に夏休み、ちょうどとってたんですよ、たまたま。それでちょうど帰ってくる今ぐらいに決まるって、ずっと言われてたから、決まってたのかなあと思ってたら、もうちょっと早かったりとかして、全然決まってなくて、すごいびっくりしました」

山本浩之
「日によってはね、もう内閣改造はないんじゃないかっていう…」

室井佑月
「意味がわからないし。大臣よりも総理の方が立場が上なのに、どうして2人の大臣が帰って相談しなきゃいけないの?」

山本浩之
「そうですね。今の伊吹さんのぶら下がりインタビューも、あのコメントをもう一度言いますと、明日の夕方にWTOから2人の大臣が帰ってくるんですね。その帰国報告を聞いた後で、改めて自分の決断、考えを党と相談するとおっしゃってるんです」

室井佑月
わかんね」(一同笑)

山本浩之
「それ、青山さん、そのコメントについて、ちょっと聞いていいですか?」

青山繁晴
「いや、このコメントは、要は幹事長はほんとのこと言ってませんよというメッセージなんですよ。だって、まあWTOは確かにジュネーブで決裂するって重大なことになりましたけど、それと日本国内の改造とは関係ありませんから」

山本浩之
「関係ないですね」

青山繁晴
「ええ。だから要するに、総理はすぐに決められなかったんだと。あと、まる2日半ぐらい時間をくれないと決められないんだということを、実は伊吹さんは言ってるわけです」

山本浩之
「ということは、伊吹さんの言葉を今、訳した形で青山さんがおっしゃると、こういう意味になるということなんですね」

青山繁晴
「はい」

山本浩之
「さ、この後、今日は水曜日です、青山さんのコーナーでは、今日は内閣改造について詳しく解説をしていただけるということですよね」

青山繁晴
「はい。あの、さっき室井さんがね、言った通り、実は福田さんのもともとの目論見としては、一昨日、28日頃にね、改造してるはずだったんですよ。で、それができないままで、こうぐちゃぐちゃになってて、福田さんてやっぱり優柔不断だなというイメージが強いと思います。それは確かにその通りなんだけど、本当はもっと重大なことが背景にあって、それはこれです(フリップ出す)」

080730-03frip1.jpeg

山本浩之
『公明党の反乱』

青山繁晴
「はい。今、自民・公明の連立政権なんですが、その一方の与党から、これ反乱と言わざるをえない重大な動きが起きてるから、総理もあと1日半、2日ほど時間が必要だって話になってるわけです」

山本浩之
「分かりました。詳しくはコマーシャルを挟んで解説をしていただきます」

(いったんCM)

山本浩之
「今日最初の、青山さんの出したキーワードは『公明党の反乱』というものでした。さ、いよいよ動き始めた内閣改造、その裏には何があるのか。さっそく解説をお願いしたいと思います」

青山繁晴
「はい。今日はさっきニュースでありました通り、文字通り、生の動きがありましたね。午前中に連立与党である自民党と公明党のトップ同士、幹事長同士、それから国会を動かしてる国対委員長も加わって、重大な会談が行われたんですけれども、その会談自体がこれ、一般国民になかなか分かりにくい会談になってるんですよ。だけど本当のポイントはこうです」
 
080730-04table1.jpeg

村西利恵
「はい。青山さんが指摘する今日の会談でのポイントは、『内閣改造はしてもいい&公明党から大臣を出してもいい』、そして『臨時国会の召集は9月下旬』

青山繁晴
「はい。これ、まずね、皆さん、内閣改造してもいい、公明党から大臣を出してもいい…え?どういうことなのか?と」

村西利恵
「何か言い回しがね、変ですね」
スポンサーサイト

DVD「たかじん委員会 SPECIAL EDITION III」(竹島問題も)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 DVD「たかじんのそこまで言って委員会 SPECIAL EDITION III」が、7月25日に発売されました。
 定価は3,990円(税込)ですが、アマゾンでは現在3,152円(税込)となっています。収録時間は「II」(120分)よりさらに増えまして、何と195分!こりゃお得!

 拙ブログでは、「I」「II」それぞれ発売時に紹介文を書かせてもらいました。
06/5/9付:DVD「たかじん委員会 SPECIAL EDITION I」
07/4/22付:DVD「たかじん委員会 SPECIAL EDITION II」

 今回も、内容をちょこっと紹介させていただきたいと思います。購入を迷っておられる方の、一つの判断材料となれば幸いです。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まずは重要なお知らせから。

「ムーブ!」北京市民の対日感情と日本のアニメにはまる若者

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■7/22放送「ムーブ!」上村総局長のチャイナ電視台

アニメは好きだけど…北京で聞いた対日感情(当日のテレビ欄より)



 北京五輪直前の中国の様子を、上村幸治さんが5週にわたってレポート。

 【ラインナップ】
   1.変わる町並み 6月24日放送
   2.環境     7月1日放送
   3.報道     7月8日放送(拙エントリー7/12付に起こしあり
   4.貧富の差   7月15日放送
   5.対日感情   7月22日放送

 「1.変わる町並み」「2.環境」「4.貧富の差」は拙ブログでは起こしてません。YouTubeにビデオがまだ残っているかもしれませんので、興味のある方は探してみて下さい。
 今回は「5.対日感情」を起こしました。

 残念なことに、15日、22日と上村さんは体調不良のため、スタジオには来られませんでした。22日は代わりに鈴木邦男さんが来られてました。
 上村さん、早く良くなって「ムーブ!」に帰ってきて下さ~い(ToT)

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。緑色の字はVTRのナレーション部分です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。今回は原寸大画像ですので、これ以上大きくは表示されません。あしからず<(_ _)>


 内容紹介ここから____________________________

「アンカー」連続バス爆発は北京五輪テロの始まり!?

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■7/23放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

北京五輪“テロ”の始まりか?連続バス爆発の真相を青山がズバリ

080723-08terohajimari.jpeg

 今日は室井佑月さんはお休みでした。夏休みかな?
 代わりに元大阪府知事の太田房江さんが登場。アンタこんなん出てる暇あったら、はよ退職金返してえや(T^T)

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。各画像をクリックすると新規画面で拡大します。


 内容紹介ここから____________________________
 
山本浩之
「さて、この後は青山さんの“ニュースDEズバリ”のコーナーなんですけども、今日は先日中国で起きた路線バスの連続爆破事件のお話を…」

青山繁晴
「はい。中国の昆明で朝の通勤バスが連続して爆破されるという、非常にショッキングな事件が起きました。で、まあ起きてまだ間がないし、独裁国家ですから情報もコントロールされてるんで全部分かるわけじゃないんですけど、ただ、僕の本職は皆さんご存知だと思いますけどテロ対策の実務で、で、日本、アメリカ、イギリス、そのあたりの政府機関の実務者とこの件で情報交換をしましたら、今のところの結論、仮の結論としてはこれなんです(フリップ出す)」

080723-01flip1.jpeg

山本浩之
『北京五輪テロが始まった』

青山繁晴
「はい。あの、北京オリンピックの開会式まで今日であと16日ですけど、その五輪そのものが狙われるテロがとうとう始まってしまった、これが始まりになったんじゃないかというお話をいたしたいと思います」

山本浩之
「えー、そのあたりの詳しい内容はコマーシャルを挟んで解説をしていただきます」

(いったんCM)

再録「報道特集」日教組徹底研究

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/




 今日のエントリーは07年7月3日付拙エントリー:「報道特集」日教組徹底研究の内容紹介(完全起こしではなく概要を紹介したもの)に画像を追加し、再録したものです。

 実を言うと、ずいぶん前にYoutubeで番組のビデオを発見、画像をキャプチャさせていただいてたんです。暇を見て画像貼り付けて再録しようと思っていたのですが、すっかり忘れてました(^^ゞ

 おそらく今もYoutubeにビデオは残っていると思われますが、何せ長い。番組1時間丸々です。そんなにゆっくり動画見てられないよって方は、ま、概要になりますが、是非このテキスト版をご覧下さい。

 今回の画像は等倍ですので、いつもと違ってクリックしても大きくはなりません。あしからず<(_ _)>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■07/7/1放送 TBS「報道特集」

 “シリーズ参院選(1)安倍教育改革を問う!日教組徹底研究”
  ――最大の対抗勢力 日教組の今――

番組HP(リンク切れ)より
安倍首相教育改革 VS 日教組

安倍首相がかねてから熱意を燃やす教育改革。
そこに立ちはだかるのは、教員の最大組織、日教組だ。

安倍改革では、何が変わるのか?
そして日教組は、どう闘うのか? また協力するのか?
組合員の減少が止まらない中、その実態に変化は…。

・敬称は一部略させてもらいました。
緑色の文字は私くっくりによるツッコミです。


 内容紹介ここから____________________________

「たかじん委員会」北の代弁者 鈴木邦男

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■7/13放送「たかじんのそこまで言って委員会」

080713-06suzuki.jpeg

 鈴木邦男さんがあまりに( ゚Д゚) ハァ?だったので、起こしました。
 ある意味、田嶋陽子よりすごいかも?

◇司会
 やしきたかじん、辛坊治郎
◇パネラー
 三宅久之、金 美齢、花田紀凱、鈴木邦男
 桂ざこば、藤谷英志、宮崎哲弥、友利 新
◇ゲスト
 李英和(関西大学教授)

 この日のメインテーマは、李英和教授を招いての拉致問題。
 あまりにも長いので(45分ぐらい?)VTRはカットし、スタジオトークの最初から李英和教授が登場する前までを起こしました。

 細かい相づちなどは省略。聞きとれなかったり、複数の方が同時に喋っている箇所が多いため拾えない発言もいくつかありましたが、それ以外はほぼ完璧です(聞きとれない場所は○○で表示)。

 画像はテレビ画面をデジカメで撮影しました。粗くて見にくいですがお許し下さい。各画像をクリックすると新規画面で拡大します。


 内容紹介ここから____________________________

「アンカー」竹島問題&どうなる内閣改造

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■7/16放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

再燃か?日韓の大きな火種に…“竹島”問題の裏側を青山ズバリ

080716-02frip1.jpeg

 当日のテレビ欄は上のようになってましたが、実際は竹島問題と内閣改造の二本立てです。

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。各画像をクリックすると新規画面で拡大します。


 内容紹介ここから____________________________

(夏休みに入った福田首相。でも宿題がいっぱいあるねってニュースの後)

080716-01shukudai.jpeg

山本浩之
「今日のこの後の“ニュースDEズバリ”は、この下の2つですよね。竹島問題それから内閣改造と書いておりますけれども、これについてお話をいただけるというふうに聞いておりますけれども」

青山繁晴
「あの、ま、竹島の問題、今VTRでも韓国の激しい抗議ってやってましたけどね、それと内閣改造問題も絡んでしまうってことなんですが、実はその竹島問題については、一番大きなポイントが抜けてますよと。それはこれです」

竹島は明記されたけど

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 中学校社会科の新学習指導要領の解説書の件。
 「竹島」はほんとに記載されるのか。「日本の固有の領土」という表記がされるのか。
 この週末はそのことが頭から離れず、ドキドキしっぱなしでした。

 で、結果は――。
 うーむ、これはやはり「玉虫色の決着」と言ってよいのでしょうね。
 今日の「ぼやきくっくり」は、通常の3倍ぼやいてます(^_^;

 拙ブログの読者さんの中にはあまりおられないとは思いますが、「竹島?何それ?」って方は、竹島問題のことが2分間で分かる記事がありますので、まずこちらに目を通された後、続きをお読み下さいね。

「ムーブ!」中国マスコミ事情 最新レポ(細切れぼやきも)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■7/8放送「ムーブ!」上村総局長のチャイナ電視台

市場経済と共産党支配のはざまで揺れる中国のマスコミ(当日のテレビ欄より)

080708-29fuhen.jpeg

 先々週からスタートしたシリーズ「北京路地裏最新物語」。
 北京五輪直前の中国の様子を、上村幸治さんが現地で行った取材をもとに、スタジオで解説をしてくれています。

 【ラインナップ】
   1.変わる町並み 6月24日放送
   2.環境     7月1日放送
   3.報道     7月8日放送
   4.貧富の差
   5.対日感情

 「1.変わる町並み」「2.環境」は拙ブログでは起こしてません。YouTubeにビデオがまだ残っているかもしれませんので、興味のある方は探してみて下さい。
 今回は「3.報道」を起こしました。

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。緑色の字はVTRのナレーション部分です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。今回は原寸大画像ですので、これ以上大きくは表示されません。あしからず<(_ _)>


 内容紹介ここから____________________________

竹島問題でまた「外交的配慮」?!

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 間に土日挟んじゃうので、急いでUP。

竹島記述は首相判断、外交的配慮も示唆 渡海文科相(産経7/11)
 新学習指導要領の中学社会科の解説書に島根県の竹島を「我が国固有の領土」と明記するかをめぐり、渡海紀三朗文部科学相は11日の閣議後会見で、「首相の総合的判断に最後はなるだろう」と述べ、福田首相が最終的に判断するとの認識を示した。首相の判断には外交的配慮も含まれるとの見通しを示した。
 渡海文科相は「領土は国家の基本なので、教育現場でしっかりと指導しなければならない。従来の考えは変わらない」と述べ、文科省として竹島を明記したい考えを改めて強調した。
 一方、政府内での調整作業については、「(首相が)サミットから帰ったのが一昨日の夜中で、まだだ。(地方向けの)説明会が開かれる14日までに、最終的な判断をしなければいけない」と述べるにとどめた。

 「友だち(相手国)の嫌がることはしない」が持論の福田さん。
 友だちと家族(日本国民)、どっちが大事なんですか?

 時間がありません。
 お手すきの皆様、大急ぎで関係部署へメールを!<(_ _)>

首相官邸 ご意見募集
外務省 ご意見・ご感想
文部科学省 メールでの御意見・お問い合わせ窓口案内

 ↑これ面倒だったら「各府省への政策に関する意見・要望」から文部科学省にチェックを入れて送った方が早いかも。

「アンカー」洞爺湖サミットを利用した中国

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■7/9放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

洞爺湖サミット閉幕・福田首相の手腕は…ウラで動くのは?青山がズバリ

080709-flip2.jpeg

 中国も北朝鮮も本当に油断のならない、したたかな国ですなぁ(T^T)

 コーナーの前に伝えられたサミット関連ニュースの箇所、及びスタジオのやりとりから起こしました。但し、ニュースVTRの部分は要約です。

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。各画像をクリックすると新規画面で拡大します。


 内容紹介ここから____________________________

 …………………………VTR開始…………………………

 いよいよ洞爺湖サミット最終日。
 今日(7/9)はG8に加え、会合の鍵を握る中国やインドなどの16カ国に上る大所帯となりました。
 昨日(7/8)は最大のテーマとなっている地球温暖化対策について、これまで消極的だったアメリカから譲歩を引き出しました。

(昨日7/8の福田総理のコメント)
 「2050年までに世界全体の温暖化ガス排出量を少なくとも50%削減する目標を、世界全体の目標として採用することを求めるという認識で一致しました」

 しかし、これにすぐさま反応したのは中国やインドなどの新興5カ国。
 新興国と先進国は責任や能力が違うと反発し、逆に「先進国は2050年までに80~95%削減すべき」と要求を突きつけました。
 サミット最終日の16カ国の会合に注目が集まりました。

 議長国日本の福田総理が、閉幕にあたって議長総括を述べました。

(会見での福田総理のコメント)
 「今回のサミットは最近のに比べ、極めて重要なものであったと思います。なぜならば、地球温暖化の進行、原油や食糧の価格の高騰、金融市場の緊張といった世界規模の課題が非常に切実な形で人々の生活に影響を与えていると、そういう中で開かれたサミットでございます」
 「率直に本当の議論をする中で、時には互いに激しくやり合うという場面も多々ございました。しかしそのお陰で多くの成果を生み出すことができたと思っております」

 ――と、サミットの成果を強調。
 しかし結局、G8と新興国の議論は平行線。
 昨日G8で一致したはずの排出削減の数値目標を首脳宣言に盛り込むことができないまま、閉幕することになりました。

 会見での質疑応答で、「そもそも50%削減とは何を基準に50%なのか?」と聞かれ(質問したのはフィナンシャルタイムスの記者)――

080709-00fukuda.jpeg

 「えー、まあ色々な数字や基準年が飛び交っておりますけれども、それはあの、その時々にですね、えー、そのー、そのー、考え方が違うということもありますけれども、ま、しかし我々の認識は2050年に50%削減というのは、最近の状況からしてですね、えー、どうなのか、現状からして50%削減、ま、こういうふうなことで、これは変わっておりません」

 ――と答えた福田総理。
 最後にはサミットの手応えを感じた表情で退場していきました。

 G8で合意したことが新興国から承認されないという事態となり、思わぬもろさを露呈した洞爺湖サミット。
 サミットそのもののあり方が問われる結果となりました。

 …………………………VTR終了…………………………

山本浩之
「まず室井さん、このサミットをご覧になっていかがでしたか?」

室井佑月
「何かね、腹が立ってきましたね。500億も使って開いた意味があるんだろうかと思っちゃった。さっきのそのCO2削減の2050年までに50%っていうのも、具体的に最初の数値とか、到達する、どこの数値に持ってくかっていうのも出てないでしょう?『求める』っていうのは、そういうふうに努力しましょうってこと?」

山本浩之
「そう、だからみんなで頑張ってやろうなって言って、ここにいない他の国々にも声かけてねっていうことまでは決めた」

室井佑月
「そのぐらいだったら、みんなCO2削減はした方がいいと思ってんだからさ、瓦版をメールか何かで配るんでよかったんじゃないの?それと結局、原油高が高騰してることも食糧危機のことも投機マネーのことも、やっぱりいろんな国の思惑とかがあるから、きちんとどういうふうにするかっていう話し合いは、きちんとできなかったでしょう?」

山本浩之
「具体的には踏み込めませんでしたね」

室井佑月
「何か踏み込めないっていうんじゃなくて、議長なんだからさ、まとまらなくても踏み込んでみろよって思っちゃうんだよね」

山本浩之
「確かにそうですよね。そのあたりは期待したんですけども、どうやら福田総理にはそういった発言はなかったような気がするんですけど。この地球温暖化対策、これに関して言うと、どうも昨日から今日になって後退したっていう。ちょっとこちらでご覧いただきたいと思います」

080709-01goui.jpeg

村西利恵
「CO2などの温室効果ガスの排出削減について、昨日のG8主要国会合では『2050年までに世界全体で排出量を50%削減するとの長期目標を各国と共有し、求める』との内容で合意しました。そして今日はこのG8に中国、インドなど8つの新興国を加えた拡大会合が行われましたので、より具体的な数値目標について決められるかが焦点でしたが、合意内容はこうでした。『国連交渉の下で、排出削減に向けた世界全体の長期目標を採択するのが望ましい』。一見すると同じことのように見えるんですが、この、上で合意した2050年、50%削減、こういう数字が全く消えてしまってるんです」

山本浩之
「この温暖化対策については青山さん、どのようにご覧になってますか?」

青山繁晴
「はい。あの、先ほどの記者会見でね、福田さんはまあ胸を張ってましたよね。で、今のその室井さんのコメントも含めてやっぱり普通の国民は、なぜ胸張れるんだろうと、まずそこ不思議に思うと思うんですよ。で、福田さんの胸中を推し量ればですね、外務省の人が言ってることも含めて申せばね、要は世界でCO2を含む地球温暖化ガスをたくさん出してるのに今まで一切それを減らしましょうということに加わらなかった国は、大きく言って3つだと。アメリカそして中国、インド。で、福田さんにしたらですね、今、村西さんが持ってるの(フリップ)で言うと、このアメリカを含めた機能のG8の会合では、初めてアメリカがここに加わってくれたじゃないかと。で、下の今日の部分、中国、インドがなかなか認めないのは、そんなの最初から分かってるわけだから、とりあえず問題の3カ国のうち一番でっかいアメリカを仲間に入れただけでいいじゃないかというのが、福田さんの心中らしいんですよね。ところがその肝心の昨日の話、アメリカは確かに加わりましたが、2050年までに世界の排出量を50%削減、これをね、ここ(スタジオ)にいる5人が、2050年までに自分たちの家から出てるゴミを半分に減らしましょうと。今までは岡安アナ(若手男性キャスター)がずっと抵抗してたけど、岡安さんも入ってくれることになった。よかったねと話をしてるとするじゃないですか。すると当然、いつから見て半分なのか?それ基準年ってことですね。それが一番大事な話でしょ?それで大きな問題なのは、さっき福田さんは『いや、我々はそれは現状ということで、その考えは変わらないんです』と。これははっきり言ってウソですよ。どうしてウソかと言うとね、この話が最初に出たのは、去年のドイツで開かれたハイリゲンダムサミットで出ました。当時総理は安倍さんでしたね。安倍さん、今現在何と言ってるかというと、つまり今まで安倍さんはとりあえずこの件をね、ドイツのサミットで押し出したということで評価されると、評価できると言われてきたその安倍さん本人が今何と言ってるかというと、『いや、実は基準年がなかったから、そこが大きな問題なんです』と言ってるわけですよ。去年からなかったんです。で、今回の話し合いでも、基準年をどうしましょうってことをアメリカも含むそのG8で昨日話してませんから、福田さんが言ってる『いや、G8主要国みんなが現在を基準にするんだ』ということで合意してるかのようなこと言ったけど、これははっきり言うとウソですよ、これは。一国の総理がそんなこと言っちゃいけません。で、これね、国内の問題だったら、でも総理が言うんだったら、それが事実になることはありますが、これはあくまで世界と話し合っていることですから、勝手なあの発言っていうのは、これほんとに問題ですよ

山本浩之
「今日も、今の記者会見の中で、フィナンシャルタイムスの記者が質問したことに対して答えたのが今、そのVTRの中でね、福田さんが答えていた『最近の状況から50年』、ただ、あの言い方もしどろもどろじゃないですか。だけど実際、口にしちゃってるんですね」

080709-91ao.jpeg

青山繁晴
「それはっきり言うとですね、僕も首相官邸記者クラブにいましたから正直申しますと、日本の記者とは官邸の間でけっこう打ち合わせするんですよ、こういう質問。でもそのフィナンシャルタイムスも含めて諸外国の記者とは打ち合わせできないから、ばしっと問題のとこ聞かれちゃって、それでまあしどろもどろに、ちょっと焦りながら『いやいや、それは現状なんですよ』と。というのはさっきのゴミの話でも、僕たちがもし合意したら、それは普通に考えたら今を基準にするじゃないですか。ところがこの件はそうじゃなくて、京都議定書も1990年と基準年を作って、それが揉めてる原因になってるわけです。それ、でも日本にとってすごい不利だから。だからそこをごまかして…」

「日中の興亡」

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


0807aoyama-hon.jpeg

 今日は青山繁晴さんの新刊「日中の興亡」について、雑感を書かせていただきます。

 後半は細切れぼやき。サミットについて少々。

「ムーブ!」をほめ殺す

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 拙ブログでも何度か紹介してきた、朝日放送(ABC)の『ムーブ!』。

 週刊誌から興味深い記事を抜粋して紹介、コメンテーターが意見を述べる「マガジンスタンド」コーナーが終了。今週(6/30)から「ニュースシアター」というコーナーにリニューアルされました。
 『ムーブ!』が独自に着目し、取材をし、書き下ろしたものを伝えるんだそうです。
 (リニューアルの理由について、レギュラーコメンテーターの勝谷誠彦さんがラジオ番組で語ったところによれば、「朝日新聞からの天下り社長が『雑誌なんか取り上げるな』と言ったからだ」とのこと)

080704-07kami1.jpeg

 その「ニュースシアター」、今週はスペシャル企画。
 レギュラーコメンテーターに『ムーブ!』についてのコラムを書き下ろしてもらい、それをアナウンサーが読み上げるというものです。
 番組サイドの手抜き?自画自賛?というツッコミも聞こえてきそうですが、硬軟いろいろあってけっこう面白かったので、起こすことにしました。

 共通のお題は「ムーブ!をほめ殺す」。ラインナップは以下の通り。

6/30(月)出演:花田紀凱、山本譲司、勝谷誠彦
 ・(花田紀凱)
 ・(山本譲司)
 ・(勝谷誠彦)

7/1(火)出演:勝谷誠彦、上村幸治、須田慎一郎
 ・「中国をいじめるのは私だ」(上村幸治)
 ・「首都圏の番組ムーブ!が不義を討つ」(須田慎一郎)

7/2(水)出演:須田慎一郎、二木啓孝、やくみつる
 ・「性格の悪い番組こそ気骨がある」(二木啓孝)
 ・「ムーブ!を叱る!!」(やくみつる)

7/3(木)出演:大谷昭宏、藤井誠二、伊藤惇夫
 ・「ムーブ!誌上激論」(大谷昭宏)
 ・「言ってはいけないことを言える番組を目指す?」(藤井誠二)
 ・「決断力は情報が支える」(伊藤惇夫)

7/4(金)出演:若一光司、財部誠一、吉永みち子
 ・「『サファリパーク』の社会的使命」(若一光司)
 ・「ニュースの真実は多様性にある」(財部誠一)
 ・「私は答えたい」(吉永みち子)

注1)月曜日のみ副題がありません。
注2)改行は引用者の判断、太字強調も引用者によるものです。
注3)関西以外の方は、人名とかコーナー名とか何のこっちゃ?な箇所もあるかと思います。そんな時は『ムーブ!』公式サイトあるいはWikipedia『ムーブ!』の項などを参考に。
注4)画像は例によってテレビ画面をデジカメで撮影。粗くて見にくいですがお許し下さい。各画像をクリックすると新規画面で拡大します。



6/30(月)出演:花田紀凱、山本譲司、勝谷誠彦

・ムーブ!をほめ殺す(花田紀凱)
080704-01hanada1.jpeg

 雑誌の誌名タイトルくらい難しいものはない。
 タイトルがある程度、中身を規定する。
 それにタイトルになりそうな言葉は、たいていどこかの出版社がすでに商標登録している。

 ある雑誌を創刊する時にタイトルを考えあぐねていたら、部員のひとりが「天と地」というのを出した。
 古臭いタイトルだなとは思ったが、何しろ行き詰まっている。

080704-02hanada2.jpeg

 念の為、特許庁のデータで調べてみた。ちゃんと登録してありました!
 なんと、かの山口組の組報というのか機関誌のタイトルが「天と地」だったのである。もし知らずに使っていたらエライ目にあうところだった。

 そういう視点から見ると、『ムーブ!』というのはいいタイトルだ。次の雑誌を創刊する時にはいただきたいくらいだ。

 研究社の英和辞典を引いてみたら、「ムーブ」の他動詞には大きく分けて三つの意味がある。

 一、動かす 二、感動させる 三、提案する

 ものごとを動かし、感動させ、提案をする――。
 これほど情報番組にふさわしいタイトルはちょっとあるまい。
 しかもぼくの大好きな!マークまでついている。
 このタイトルが決まった時に『ムーブ!』の大成功は約束されていた。

 念の為、三省堂のコンサイスも引いてみた。
 すると「ムーブ」には四番目の意味として、こんなものがあった。
 「(腸の)通じがつく」
 なるほど!だから『ムーブ!』を見ているとスッキリするわけだ。

 この後、花田さんが「『スッキリ!』っていう番組はスッキリしないと添えようと思ったが、そこでまた喧嘩することもないかと思ってやめました」と発言。
 勝谷さんはそんな花田さんに対し、「今朝、俺が(『スッキリ!』に)出てること知ってて言ってるだろー」と軽く怒ってました。


・ムーブ!をほめ殺す(山本譲司)
080704-03yama1.jpeg

 まさか自分がこんなふうに、ちょくちょくテレビに出演するような人間になるとは、思いも寄らなかった。

 もう社会の中に居場所などないんじゃないか。そんな打ちひしがれた気持ちのなか、刑務所を出所したのが6年前。
 それから1年半以上は、引きこもりに近い生活を続け、人間としての機能がどんどん退化していくような日々を送っていた。

 その後、なんとか社会復帰への道筋を付けるべく、障害者介助スタッフとして、福祉の世界に足を踏み入れたのが4年前。
 同時に、「獄窓記」という本も出版した。続いて、「累犯障害者」という本を出したものの、基本的には、福祉の仕事に没頭しながら、なるべく目立たないように暮らしていた。
 それは、「前科者である自分が、どのツラ下げて人様の前に出られるのか」というような、いわゆる出所者コンプレックスがあったからだ。

080704-04yama2.jpeg

 そんな折、『ムーブ!』からの出演依頼があったのは、昨年1月のことである。
 テレビ出演、しかも生放送ということで、私の中に躊躇(ためら)いがあったが、番組で取り上げるテーマが「累犯障害者」とあっては、断るわけにはいかない。
 ほとんどのメディアがタブー視してきた、このセンシティブな問題をテレビで取り上げてくれるというのだ。

 私は、出所者コンプレックスを忘れるほど、喜び勇んで『ムーブ!』に出演した。
 そして、その反響は非常に大きかった。
 多くの福祉関係者から、これまで目を背けてきた福祉や刑務所の実態について、反省と覚醒(かくせい)の声が寄せられたのである。

 その後も『ムーブ!』では、障害者や刑務所の問題について、何度も何度も取り上げてもらい、結果、今、累犯障害者を取り巻く環境は徐々に改善されつつある。
 『ムーブ!』が少しずつではあるが、福祉行政や矯正行政を動かしているのだ。

 テレビというメディアは、世の中の出来事をタイムリーに追いかける「瞬発力」はあるが、そこを深く掘り下げていく「持続力」はない、と思っていたが、『ムーブ!』は違った。
 私が出演した回に限っても、アーク・エンジェルズや、柔道整復師の問題、あるいは自治体交通局の問題を、何回にもわたり、執拗かつ果敢に報道し続けている。

 この持続力とタブーを恐れぬ精神こそ、『ムーブ!』が持つ大きな武器であろう。
 そして実際に、柔道整復師の不正請求問題については、厚生労働省の重い腰を上げさせるに至っているのだ。

 動く社会を追いかけるだけではなく、社会を動かす『ムーブ!』。
 今私は、この番組の中に居場所があることに、無上の喜びを覚えている。

 山本さんが昨年1月に『ムーブ!』に呼んでもらう直前、大阪府八尾市で、服役経験のある知的障害者が子供を突き落とすという事件があったそうです。
 この時、東京の局からも出演依頼があったものの、全部、生放送ではなく「収録にしてくれ」と。「微妙な問題なので誤解を与えると恐ろしいので、編集させてもらう」という前提でのオファーだったと。だから、『ムーブ!』で生放送で取り上げてくれるとは思いも寄らなかったんだそうです。
 また山本さんによれば、『ムーブ!』は関西の出先機関が録画して、本省(この場合で言うと厚生労働省や法務省)に送ったりしているため、東京でも反響があるそうです。


・ムーブ!をほめ殺す(勝谷誠彦)
080704-05katuya1.jpeg

 深夜、日付がかわったころ、朝日放送の新社屋、地下3階の鋼鉄のドアに設置された読取機に、限られたスタッフだけが持つIDカードをかざすと、静かな音とともにドアが開く。

 「あらあ。かっちゃん。いらっしゃい」。妖艶(ようえん)な微笑みで迎えてくれるのは関根ママだ。
 「まったあ。『知られてたまるか』のロケハンと称して、ABCのカネでおいしいもの食べていらしたんでしょう」。チーママの加藤アナは早くも鼻の頭を真っ赤にして酔っぱらっている。

 新社屋移転に伴って極秘にオープンした、この『倶楽部ムーブ!』の存在は、政財界の大物にしか知られていない。

 「こらこら。トイレが汚れていたぞお」「あら、いけない」。やんわりとママをたしなめている須田慎一郎オーナーの周りには、いつも黒い服を着たいかつい男たちが群がり、「シノギが」とか「マネロンの件で」などと囁(ささや)きあっている。

 「あっ、知事。万一ということがありますので、そちらにはお座りにならない方が」。今夜もやってきた橋下徹大阪府知事が須田さんの隣に腰をおろそうとすると、黒い服を身に包んだ細身の男が慣れた仕種で遮った。黒服の上田アナだ。

 「気をつけさせてはおりますが、万一写真ということもありますので」。カウンターの中でシェーカーを振る堀江アナが気遣いを見せた。「知事、つまみにモナ、いやモツでもいかがですか」。

080704-06katuya2.jpeg

 夜がふけるにつれて常連客たちが続々と集まってきた。

 ステージの上で見事な「築地をどり」を星浩さんが舞っているかと思うと、マイクを握った鈴木邦男さんは「ヤルタ~、ポツダム~、体制~、打破~」と歌っている。
 大谷昭宏さんが関根ママの愛犬と戯れている横で、泥酔した山崎寛代さん(引用者注:月曜日芸能担当)が「男…男…」と呟(つぶや)いているし、いつのまにか隅っこに座っていた上村幸治さんは「中国、くっ。五輪、くくっ」と笑っていた。

 そろそろモニターからは、CM中に収録しておいた『裏ムーブ!』が流れるころだ。
 出演者の夜の楽しみまで配慮した二毛作情報番組。
 いやあ、いくら褒めても褒めたりない。

 「つまみにモナ」の「モナ」は山本モナさんです。2005年3月まで堀江アナとともにキャスターを務めていました。
 「築地をどり」のくだりでは、堀江アナから思わず「大丈夫かなー」と心配の声が。いや、まだまだ毒が足りませんよね(^_^;

 花田さんによると、文春に昔こういった倶楽部があったそうです。作家の先生に立ち寄ってもらって話をするという趣旨だったと。ところが場所が不便で、集まるのは社員ばかり、しかも年取った酒飲みばかりがたむろするので、廃止になったそうです。

 さらに花田さん、「初めて『ムーブ!』に出た時、驚いた。こんなことしゃべっていいのかってことを勝谷や宮崎哲弥さんがしゃべってる。東京とずいぶん許される範囲が違うなと思った」と。
 これについて上田アナと堀江アナは、「許されてるかどうかはちょっと分からないですが」「そのあたりには自信がないです」と返してました。番組サイドも日々、ヒヤヒヤしながらやってるってこと?(^_^;


7/1(火)出演:勝谷誠彦、上村幸治、須田慎一郎

「アンカー」北朝鮮問題と洞爺湖サミット 中国が正式加盟!?

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■7/2放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

拉致は?核は?北朝鮮の動きに隠されたこと…青山がズバリ!

080702-17chinakamei1.jpeg

 テレビ欄は上記のようになってましたが、実際は北朝鮮問題と、間近に迫った洞爺湖サミットの2本立てです。

 コーナー直前に、横田ご夫妻が外国特派員協会で講演されたというニュースが取り上げられましたので、まずはそのニュースVTRとスタジオのやりとりから起こしました。

 細かい相づち、間投詞、言い直し、ツッコミはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像はYoutubeで拾ったビデオからキャプチャさせていただきました。各画像をクリックすると新規画面で拡大します。


 内容紹介ここから____________________________

山本浩之
「次は北朝鮮、拉致問題です。拉致被害者家族の横田滋さんと早紀江さん、奥さんの早紀江さんが、今日、外国特派員協会に招かれて講演を行いました」

村西利恵
「改めて拉致問題解決への協力を訴えた横田夫妻。テロ支援国家指定解除で拉致問題の解決が遠のく懸念が高まる中、その願いは届くんでしょうか」

 …………………………VTR開始…………………………

080702-01tokuhain.jpeg

 今日、外国特派員協会に招かれ、講演を行った横田さん夫妻。
 なかなか進展しない拉致問題の早期解決を訴えました。

080702-02sakie.jpeg

横田早紀江
「拉致をされた人たちも今、そこにまだ現在、一生懸命に、監視をされながら生きているとすれば、これからもどのように、外交の間違いの中で、消されていくかもしれない。帰ってくることができないかもしれない。そのような非常に恐怖の中で、私たちは一生懸命に救出の活動をしております」

080702-03bakuha.jpeg

 先週、核施設の冷却塔を爆破し、核問題解決への姿勢をアピールした北朝鮮。

 爆破の前日、北朝鮮が提出した核計画の申告書は、核兵器について一切触れられていないという不完全なものでした。

 しかし、アメリカのブッシュ大統領は、45日以内に北朝鮮に対するテロ支援国家の指定を解除する方針であることを高らかに宣言。

 拉致問題については――

080702-04bush.jpeg

【アメリカ・ワシントン 先月26日】
ブッシュ大統領
「アメリカは日本の拉致問題を決して忘れないでしょう」

 これに対し拉致被害者家族会は――

080702-05masumoto.jpeg

【先月26日】
拉致被害者家族会 増元照明事務局長
「『忘れない』という言葉は絶えず聞いているんですが、忘れないのであれば、やはり協力をしていただかなければならないし、日本政府は協力を求めていくべきだったと思います」

 テロ支援国家指定解除で、拉致問題解決はまた遠のくのでしょうか。

 30年にわたり娘、めぐみさんを捜し続けている横田さん夫妻は、講演会でこう訴えかけました。

横田早紀江
「テロ支援国家の解除という形で、ブッシュさんが今度あちらの方針を決めましたけれども、そのことを通して、北朝鮮の指導者がどのような形で本当に誠実に動いてくるのか、あいかわらず今までのように、本当に冷酷なものが見えてくるのか、今、非常にそれが世界中の目に捉えられてくるようになりました」

080702-06sigeru.jpeg

横田滋
「アメリカに対して、あの、協力はお願いしてるんですけど、あの、解決をお願いしてるんではないわけです。〈VTR中略〉やはりあの、この問題はまあ最終的には、あの、ま、二国間で解決すべき問題だと思っております」

 ウンギョンさんに会いに行かないのか?という質問に対しては――

横田早紀江
「一回会うと、向こう(北朝鮮)はまたその人を、今度はカードにして、いろんなことに使われると私、思ってるんですね。あの、孫がね。そうすると、また非常に残酷な人生を○○せることになるので(聞きとれず)、そのような一瞬の喜びは我慢ができます。これだけ長いこと苦しんできたわけですから

 拉致被害者家族会、その願いは届くのでしょうか。

 …………………………VTR終了…………………………

山本浩之
「まず室井さんは、横田さんご夫妻の言葉、どのような思いで聞かれましたか?」

室井佑月
「いや、もうほんとに切ない思いで聞いてましたけど、横田(滋)さんが、あの、アメリカに解決を求めてるわけじゃなくて、協力をお願いしてるって言ってたじゃないですか。でも本当はそれって言うのも日本の国じゃないとおかしいわけですよね。だって日本人が誘拐されたわけなんだから、日本の国が率先してアメリカに協力してもらって解決まで持っていくっていうのは、日本の国じゃなきゃいけなかったじゃないですか。なのに、あの、冷却塔の爆破もあったけど、あの中、何も入ってないっていうのはもうみんな日本国民って、知ってる人は知ってるわけでしょ。それなのにずっとその、何て言うか、ずっとその茶番って、アメリカにつき合って続けていくのかなって思って」

山本浩之
「ああ、おっしゃる通りですね。で、政府関係者から出てくる言葉っていうのは、いつもアメリカ頼みですからね」

室井佑月
「そう。それであの、拉致の問題も解決するって考えてるって政府の人たちが言うけれども、全部口ばっかりじゃないですか。どうしてだろうって思いますよね」

山本浩之
「そうですね。えー、青山さん、今日のこの特派員協会での講演の言葉を聞いていかがですか」

080702-91studio1.jpeg

青山繁晴
「うーん、あの、今、室井さんがね、言ったことは、この国、私たちの祖国は民主国家なので、本来この国の一番良心的な部分っていうのは、僕たちが選んだ政府であり総理であるはずが、それがはっきり言うと、特にこの拉致問題について、日本国民が誘拐されたことについて全く非良心的で、それなのに一民間人に過ぎない、本来は過ぎない横田さんご夫妻が、ほんとにこの国の良心の、良い心の象徴ですよね。それは室井さんが指摘した通り、『アメリカに解決してくれと言ったことはない』と、あの温厚な横田滋さんがね、本当は内心のものすごい怒りを抑えながらおっしゃってたでしょ。それから早紀江さんの方は実は踏み込んだことをおっしゃってて、『今回のような間違った外交の進め方をすると、生きてる自分の娘も含めて被害者が消されるかもしれない』と。つまりはっきり言うと、『殺されるかもしれないという恐怖と闘ってるんですよ』ということを、非常に穏やかな口調だけどズバリ言われてるわけですよ。民間人にそれができて、なぜ僕たちが選んだ政府の人間がそれをできないのかと。僕たちの民主主義はいったい何なのかということまで突き当たりますよね」

IWC年次総会~日本が転換?IWC正常化なるか?(細切れぼやきも)

クリックお願いします人気blogランキングへご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
【こちらはミラーです。コメントは本館へお願いします。TBは受け付けています(承認制。本記事と無関係な物は削除します)。本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 6月23日から5日間、チリの首都サンティアゴで国際捕鯨委員会(IWC)の第60回年次総会が開かれました。
 今年もまた、すったもんだあったようです。

プロフィール

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索