ぼやきくっくりFC2版

主婦の時事ネタぼやきFC2版。本館はhttp://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

安倍さんとアインシュタインと拉致と慰安婦と靖国と

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 何やら思わせぶりな表題になってしまいましたが、要するに今日も細切れでザザッと……です(^_^;


■まずはお知らせ

 ブログのメニューに設置してあるアンケート「生まれ変わっても日本人になりたい?」ですが、来週金曜日(10月6日)をもって受付を終了させていただくことにしました。

 受付終了後、数日内に、既にログ落ちしてしまった分も含め皆様からいただいた全コメントを、ブログで紹介しようと考えています。
 但し、9/25付拙エントリー:生まれ変わっても日本人になりたいですか?の【追記9/25 22:35】で書いたように、アンケート設置直後にいただいた何十件か分のコメントは、こちらで保存する前にログ落ちしてしまって復旧不可能のため、その分は紹介できません。大変申し訳ありません<(_ _)>


 お待たせしました、本題です(^o^)


■安倍総理の所信表明演説

 テレビで生で見ましたが、なかなか力強くて良かったと思います。
 首相官邸HPに全文が掲載されています。
 その中から、私が特に安倍さんらしさを感じた箇所を引用。
スポンサーサイト

今日は細切れ…台湾の話題も

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 今日は細切れでザザッと。
 安倍内閣支持率、世耕補佐官提案に内閣記者会は抗議、テレ朝所得隠し、小泉さん訪台?、その他盛りだくさん。


■安倍内閣支持率、出ました

安倍内閣支持率65% 51%が「靖国参拝自粛を」(共同)
安倍内閣支持率63%、戦後3位の高水準 本社世論調査(朝日)
毎日世論調査:安倍内閣支持率 歴代3位の67%(毎日)
安倍内閣の支持率70・3%、歴代3位…読売世論調査(読売)
安倍内閣の支持率71%、発足時で2位・本社世論調査(日経)
「安倍内閣支持率65%…靖国参拝支持51%」(朝鮮日報)

 朝鮮日報は共同通信の焼き直しですが、見出しが間違ってますね(^_^;

 高支持率のスタートとなった安倍内閣ですが、ネット支持率は低いみたい。こちらの調査では「期待しない」と答えたのが7割以上。
 って、これは安倍内閣じゃなく安倍首相の支持率ですけどね。

朝日の「アジア外交が心配」は少なくとも来夏まで続くわけで(笑)

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 今日は後半で『アンカー』青山繁晴さんの発言も紹介します。
 まずは、安倍新内閣誕生で各紙社説・コラムが来てますので、リンク貼っときますね。

朝日社説9/27:安倍内閣発足 果たしてどこへ行く
読売社説9/27:[安倍政権船出]「時代の課題にこたえられるか」
毎日社説9/27:安倍政権発足 改革の熱気が伝わらない
産経社説9/27:安倍新内閣 国益守るシステム築け 期待したい官邸の機能強化
日経社説9/27:安倍内閣は官邸主導で改革実績を示せ
中日(東京)社説9/27:「重し」のない危うさ 安倍新内閣が発足

天声人語9/27
編集手帳9/27
余録9/27
春秋(日経)9/27
中日春秋9/27
筆洗9/27

 ↓これはオマケ。GJだったので。台湾人じゃなく中国人の言葉ですよ。

産経9/27「正論」国際教養大学学長・中嶋嶺雄 安倍首相は小泉外交の理念継承を
 私は去る8月下旬、恒例の中国での定点観測に出かけた。今回は時間の関係で北京と上海のみであったが、林立するビル街とは対照的な不潔と貧困が併存していることなど、従来の認識を改める必要を全く感じなかった。
 しかし最大の収穫は、北京空港からのタクシーの運転手が乗り込むや否や、「小泉首相はけしからん。東条は悪人だ」と語りかけてきたのに、靖国神社についてもA級戦犯についても全く無知であったのに対し、帰途の運転手は北京の乱開発を批判し、「『日本精神』は素晴らしい。小泉首相は立派だ。堂々と靖国を参拝した。日本には日本の道理があるべきだ(日本応該有日本的道理)」という言葉を聞いたことであった。
 この事実を安倍首相は是非尊重してほしいものである。


 朝日に限ったことじゃないけど、どんな人事しても叩くんですよね。
 「仲良しクラブ」とか「論功行賞」とか言われてますが、仮に各派閥から均等に選んでたら、「派閥政治の復活」って絶対に叩いてたでしょ。

安倍内閣船出、小泉さんお疲れさまでした

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 「お気楽くっくり」を更新しました。丹波哲郎さん逝く。

 さて、安倍新内閣の閣僚が決まりました。

<安倍新内閣>財務・尾身氏、文部科学・伊吹氏など決まる
 26日午後の衆参両院本会議の首相指名選挙で第90代首相に選出された安倍晋三新首相は、公明党の神崎武法代表との与党党首会談を経て閣僚人事を決めた。同夕の皇居での任命式などの後、安倍新内閣が正式に発足し、同夜、初閣議を開く。安倍内閣の顔ぶれは次の通り。

▽総理=安倍晋三
▽総務=菅義偉(丹羽・古賀)
▽法務=長勢甚遠(森)
▽外務=麻生太郎(河野)
▽財務=尾身幸次(森)
▽国土交通=冬柴鉄三(公明党)
▽環境=若林正俊(参、森)
▽官房・拉致問題=塩崎恭久(丹羽・古賀)
▽国家公安・防災=溝手顕正(参、丹羽・古賀)
▽防衛=久間章生(津島)
▽文部科学=伊吹文明(伊吹)
▽厚生労働=柳沢伯夫(丹羽・古賀)
▽農林水産=松岡利勝(伊吹)
▽経済産業=甘利明(山崎)
▽金融・再チャレンジ=山本有二(高村)
▽規制改革・公務員制度改革・道州制=佐田玄一郎(津島)
▽沖縄・北方・イノベーション・少子化=高市早苗(森)
▽経済財政=大田弘子(民間)

 ※敬称略。カッコ内の公明党、民間のほかは自民党の派閥。参は参院議員。
(毎日新聞) - 9月26日16時30分更新

 ぱっと見た感じ、あまり変な人は入ってないというか、なかなかよろしいんじゃないですか?という印象です。
 私の知らない人も多いけど、安倍さんがやりやすい布陣になってるような気がします。一人ちょっと心配な人もいますが……(後述)。

生まれ変わっても日本人になりたいですか?

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 細切れぼやきは、自民三役決まる、小沢代表入院、本多勝一表彰、ドラフト。


 まずは表題の件。
 突然ですが、この度アンケートを設置しました。

 「生まれ変わっても日本人になりたい?」

 本館からもミラーサイトからも投票することができます。
 投票は一人一回限りです。
 コメントは任意です。全角100文字以内でお願いします。

 投票しなくても投票結果及びコメントを閲覧することができます。
 アンケートボックスの右下に3つ並んでいるアイコンのうち、一番左の虫眼鏡アイコンをクリックして下さい。

 で、何でこんなもんを急に設置したかというと、↓きっかけはこの記事。

3人に2人「生まれ変わるなら中国人以外に…」
 サイトでアンケート/編集者は解雇
 産経9/25大阪版2面(ネットソースなし)
 【北京=野口東秀】「生まれ変わっても中国人になりたい?」−。中国の大手ニュースサイト「網易」がこんなアンケートをしたところ、約3人に2人が「なりたくない」と答えた。中国共産党支配と政策に対する人民の不満を浮き彫りにした形だ。香港紙「蘋果日報」などによると、今月16日、サイトの編集者2人が突然解雇されたという。愛国主義教育を推し進める党中央宣伝部など当局の意向に沿わなかったためとみられる。

 このサイトは今月4日から13日までネット上でアンケートを実施、約1万1000人が参加した。その結果、「中国人に生まれ変わりたくない」という答えが約64%に達したのに対し、「中国人にもう一度なりたい」との回答は約36%にとどまった。「生まれ変わりたい」人のうち「中国には悠久の歴史、文化があるから」と答えたのは約7%だった。

 「生まれ変わりたくない」理由は、「中国人として尊厳が持てない」が約38%、「マイホームを持てないため、幸福感がない」が約18%だった。なかには「私は中国を愛しているが、中国が私を愛してくれない」という回答もあった。
 「生まれ変わりたくない」人のうち、「今度は香港人になりたい」という人は、「中国には人権がない。独裁があるだけで、言論が抑圧されている」と指摘した。
 このほか、「親を養い、子供を育て、家のローンを払う。収入は悪くないはずなのに生活は良くならない」「乱れた社会、人が希望を持てない社会。100回生まれ変わっても中国人にはなりたくない」という声も聞かれた。

 実はこのアンケートについては、すでに先週、ちょこっとだけ伝えられてました。
「また中国人に生まれたいか」Webアンケートで解雇(ZAKZAK)

 そういや韓国の各種アンケートでも、「生まれ変わるなら韓国人以外がいい」って声が時々聞かれますね。

 ↓その一例

国旗・国歌、混乱させてるのは教師の方です

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

 「お気楽くっくり」を更新しました。今回の主役は宮崎哲弥さん。
 ♪どうしてテッちゃん なぜだかテッちゃん へんだな へんだな テッちゃん♪
 (↑元歌知ってる人はかなりの年齢(^_^;)

 今日は表題1本で、細切れぼやきは無し。

 9/21付エントリー(1コ前のエントリー)の細切れぼやきで、ちょこっと触れたこのニュース……国旗・国歌義務化は違法 都教委通達、思想良心の自由侵害 東京地裁判決

 各紙社説が来ていますので、紹介&ツッコミ入れさせていただきます。
 産経・読売VS朝日・中日(東京) という図式になってます。
 毎日と日経はなし。日経はともかく毎日は何で?(←エントリーの一番下に追記)

安倍憎し、だけど朝日も生みの親

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 細切れぼやきは、東京地裁「国旗掲揚時の起立強制は違憲」、小泉メルマガ最終号。

 まずは安倍新総裁誕生で各紙社説が来てますので、それを。

朝日社説9/21:安倍新総裁 不安いっぱいの船出
読売社説9/21:[安倍新自民総裁]「『圧勝』を政権運営に生かせるか」
毎日社説9/21:安倍新総裁 気負わず柔軟に若さ生かせ
産経社説9/21:安倍新総裁 国民守る国造りが使命 ぶれない政治姿勢を貫け
日経社説9/21:安倍新総裁は首相主導で公約実行を
中日(東京)社説9/21:時計の針をどっちに回す 自民新総裁に安倍氏 

 昨日の拙エントリーにて、北朝鮮金融制裁発動がテーマの各紙社説の読み比べをやりました(細切れぼやき参照)。そこで私は「朝日だけ明らかにトーンが違う」と書きましたが、今日の社説もやはり朝日だけが異質な印象。
 タイトルからいきなり<安倍新総裁 不安いっぱいの船出>ですもん。直球を通り越してビーンボール……(T^T)

 各紙ざっと読んでみたんですが、朝日だけでなく他紙も安倍さんの歴史認識については「注文」をつけてはいます(産経除く)。特に毎日と中日はひどいです。それでもまだ朝日よりもマシに見えるのはなぜだろう?

 それはおそらく、他紙は歴史認識だけではなく党と閣僚の人事、経済や財政などの政策課題、10月の衆院補選や来年の参院選などにも言及してるからでしょう。
 が、朝日にはそれがありません。

 他紙にもツッコミたいんだけど、時間の余裕がないので朝日だけ。

安倍新総裁誕生で青山さんのファンタジー

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 細切れぼやきは、北朝鮮金融制裁発動で各紙社説、田中真紀子、タイのクーデター。

 まずは本題。今日はこれしかないでしょう。

<自民総裁選>安倍氏選出 麻生、谷垣両氏を大差で破る
 自民党総裁選は20日、党所属国会議員の投票と地方票の開票の結果、安倍晋三官房長官(51)が麻生太郎外相(66)と谷垣禎一財務相(61)を大差で破り、第21代総裁に選出された。51歳での総裁就任は戦後最年少で、任期は09年9月30日までの3年間。安倍氏は25日に党役員人事を行い、26日召集の臨時国会の冒頭、衆参両院本会議で小泉純一郎首相の後継首相に指名され、同日中に新内閣を発足させる。
 得票数は、安倍氏464票、麻生氏136票、谷垣氏102票、無効1票だった。
 安倍氏の得票率は66%にのぼったが、陣営が目標としていた500票をかなり下回る結果になった。麻生、谷垣両氏が100票を超す得票だったことも加え、得票結果は今後の人事や安倍氏の政権運営に微妙な影響を与えそうだ。
 20日は午前10時から19日に締め切られた党員投票による地方票(300票)の開票が各都道府県連で順次スタート。午後2時から党本部で国会議員(403票)が投票し、これらを合わせた開票結果が同3時ごろに発表された。選挙結果は党大会に代わる両院議員総会に報告された。
 党員票の投票率は前回(03年)の69.33%を下回るとみられており、安倍氏の独走に党員の関心が低かったことを示すことになりそうだ。
(毎日新聞) - 9月20日15時6分更新

 内訳は以下の通りでした。

  1位 安倍 議員票267 党員票197 合計464
  2位 麻生 議員票69 党員票67 合計136
  3位 谷垣 議員票66 党員票36 合計102
  (議員票で無効1票あり。「安倍晋太郎」と書かれてあったそう)

金正日拉致謝罪から4年、やっと来た金融制裁

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 細切れぼやきは「サハリン2」事業停止、朝日社説。

 まずは表題の件。

 ……2002年9月17日。
 そう、小泉首相が初めて訪朝し、金正日と首脳会談を行った日。
 私は朝から落ち着きませんでした。
 日本政府がその時点で認定していた8件11人の拉致被害者の安否が、北朝鮮側から示されることになっていたからです。

 私が特に気になっていたのは横田めぐみさんの安否でした。
 しかし北朝鮮の回答は、「めぐみさんは死亡している」。
 私と同い年のあの可愛い女の子が、連れ去られた異国の地ですでに亡くなっているというのか!?
 その瞬間、サーッと血の気が引きました。そして涙がこぼれました。
 もちろん私はめぐみさんとは会ったことはありません。だけど、大事な幼なじみの死を知らされたような、そんな気持ちになったのです。

 地村さんご夫妻、蓮池さんご夫妻、そして政府認定の中に入っていなかった曽我ひとみさん、この5名だけが生存していると、北朝鮮は発表しました。
 亡くなった人と生きている人との差はどこから来たのか。その「線引き」の意味を私はいずれ知ることになるんですが、当時はまだ知る由もありませんでした。

 だって、いくら何でも一国の政府が(日本政府は北朝鮮を国とは認めていないが)人の生死について嘘をつくなんて思いもしなかったし、ましてや書類を捏造してまでこちらを騙そうとするなんて、本当に夢にも思わなかったんです。
 これは私だけでなく日本国民ほぼ全員がそうだったと思います。

 だけど今は、日本国民の誰もが北朝鮮がどういう国であるかを知っています。
 国全体がいわば収容所であり、国民全体がいわば演技者であり、拉致監禁、偽札製造、麻薬製造・密輸などの犯罪を、国ぐるみで現在進行形で行っている国だということを知っています。

 それなのに、未だ拉致問題は解決できずにいます。最初に帰国した5名とそのご家族だけしか奪還できていません。めぐみさんの偽遺骨問題以降、膠着状態が続いています。もどかしくてなりません。

 この4年間、私もあれこれ考えましたよ。妄想ですけどね。
 北朝鮮が拉致した中にアメリカ人はいないのか?もしいたら、アメリカが「拉致被害者返さないと空爆するぞゴルァ」と言ってくれるのに。日本はほんと情けない国だ、憲法9条さえなければ!……等々。

 とにかく、北朝鮮のこれまでのやり口を見てきた日本国民の多くが、めぐみさん初め多くの拉致被害者は今も生存していると考えているでしょう。
 日朝国交正常化を早く実現したい勢力、すなわち拉致問題を早く幕引きしたい勢力を除けば。

 そんな日本の筆頭メディアと言えば朝日新聞です。
 今でこそ少しはマシになっていますが、2002年9月18日付の記事なんて、今読み返してみてもすごいですよ。

ハイド氏らは一部の限られた存在ですよ、朝日さん。

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 だ〜!忙しい!世間は3連休だというのに〜(T^T)
 仕事も忙しいけど、プライベートでも色々と野暮用がありまして、ニュース巡回もままなりません。
 でも今日はこれだけは紹介しておきたいという記事が。

朝日社説9/17:靖国批判 米国からの問いかけ
 米下院の外交委員会が、日本の歴史問題で公聴会を開いた。テーマは小泉首相の靖国参拝をきっかけに悪化した日本と中国、韓国との関係だ。
 ブッシュ政権は、歴史問題については「日本の国内問題」としてノーコメントを貫いてきた。一委員会とはいえ、米国の立法府で取り上げられるのは異例のことである。
 与党共和党のハイド外交委員長は、靖国神社の戦争博物館「遊就館」を取り上げた。「日本がアジア・太平洋の人々を西洋帝国主義のくびきから解放するために戦争を始めた、と若者に教えている。私が会った日本の占領を体験した人は、だれも日本軍を解放軍とみていない」
 民主党の幹部ラントス議員は、東条英機元首相らA級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社の首相参拝を批判した。「戦犯に敬意を払うことはモラルの崩壊だ。日本のような偉大な国家にふさわしくない。この慣行はやめるべきだ」
 ハイド氏は太平洋戦争の従軍経験があり、ラントス氏はナチス・ドイツのホロコーストの生き残りである。そうした体験もあってのことだろう。
 この主張が米国を代表する見方というわけではない。公聴会で「米国は介入すべきではない」と発言したグリーン前国家安全保障会議上級アジア部長のように、問題を日米関係に波及させないよう求める声もある。
 だが、ハイド氏らを一部の限られた存在と片づけるのは間違いだ。このような公聴会が開かれたこと自体、靖国をめぐる米国の空気の変化を物語っているのかもしれない。
 米国の日本専門家の間でも、明らかに靖国批判が広がっている。
 日中関係の冷え込みは米国のアジア戦略に好ましくない、という分析的な判断からだけではない。「自存自衛の戦争であり、侵略ではない」「東京裁判は認めない」といった主張が首相の靖国参拝で勢いづいたことに対し、あの戦争の当事者である米国に困惑と反発が生まれているのだ。問われているのは、やはり日本の歴史認識である。
 小泉首相は靖国参拝を批判するのは中国と韓国だけだと言い続けてきたが、それは政府の公式発言に限っての話だ。首相の参拝を批判するシンガポールのゴー・チョクトン上級相(前首相)は「この件に関して日本は外交的に孤立している」と明言している。
 「内政干渉」と退けるのは筋違いだろう。彼らが問題にしているのは、彼らも戦い、あるいは巻き込まれた戦争についての歴史認識だからだ。
 日本は、戦前の軍国主義を否定し、米占領下で民主主義に生まれ変わった。そんな日米同盟の原点をなおざりにするのは看過できない。米議会の論議はそう問いかけているのではないか。
 「自由と民主主義」の連帯を次の政権も掲げるのなら、米国からの問いかけをきちんと受け止めるべきである。

 だが、ちょっと待ってほしい。心配のしすぎではないか。
 (↑朝日の常套句(^_^;)

アジアのリーダーはアジアの教育者でなければならない

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 仕事、まだ忙しいっす(T^T)
 ただスパートかけすぎて、手持ち原稿がなくなってしまいました。明日また続きをもらってくる予定。

 手持ち原稿がなくなった=今日は暇だったってことで、「お気楽くっくり」も更新しました。
 なぜ私はよく道を訊かれるのだろう?夫は「見た目がしっかりしてるように見えるからちゃうか。あくまで『見た目』やけどな……」。反論できません(T^T)

 「ぼやきくっくり」は3日ぶりの更新です。古いネタが混じってるのはご愛敬(^^ゞ
 細切れぼやきは、紀子さまと悠仁さまご退院(週刊新潮記事紹介付き)、扶桑社教科書採択で安倍さん提訴される、首相の靖国参拝について米下院公聴会で賛否(TBS)。

 まずは表題の件。

朝日社説9/14:歴史認識 政治家が語れぬとはキャッシュ
 1972年9月25日、北京の人民大会堂に当時の田中角栄首相を迎えて夕食会が開かれた。歓迎のあいさつに立った周恩来首相はこう述べた。
 「中国人民は、毛沢東主席の教えに従って、ごく少数の軍国主義分子と広範な日本人民とを厳格に区別してきました」
 この歴史的な首相訪中で、日本は中国との関係を正常化した。夕食会の様子はあいさつ文とともに当時の新聞などで報じられた。
 これが34年後の自民党の総裁選で、争点のひとつに浮かび上がってきた。根底にあるのは、日本の近現代史をどうとらえるかという、歴史認識の問題である。
 日本記者クラブでの公開討論会の席で、谷垣禎一財務相がこう述べた。「日中国交正常化をした時に、中国は戦争指導者と一般の日本国民を分けて国民に説明した経緯があった」
 A級戦犯が合祀(ごうし)される靖国神社に小泉首相が参拝することは、この中国側の整理を突き崩してしまった。だから中国政府が強く反発している、という趣旨の指摘だった。
 これに対し、安倍晋三官房長官は「そんな文書は残っていない。国と国とが国交を正常化するのは、交わした文書がすべてなんだろうと思う」と反論した。
 外交とは、水面には見えない交渉が下支えしている。国交正常化の際、中国側はこの理屈で、まだ反日感情の強く残る国民を納得させ、賠償を放棄した。日本はそれに乗って国交回復を実現させた。
 両国の共同文書には入らなかったが、そうした事情で困難な交渉がまとまったことは、広く知られている。
 それを今になって「文書がすべて」と片づけてしまうのは、中国側の苦心に冷や水をかけるものだ。あまりに一方的な議論ではないか。
 安倍氏の発想の根っこにあるのは、あの戦争を侵略戦争と言いたくないという歴史観だろう。
 谷垣氏は、戦争の多面性を認めつつ「中国との関係で侵略戦争であったことははっきりしている」と言う。麻生太郎外相も「満州国建国以来、南京攻略に進んでいったのは侵略と言われてもやむをえない」と語る。これに対して、安倍氏は「歴史認識は歴史家にまかせる」と論争を避けている。
 これはいかにも奇妙な論理だ。私たちは、邪馬台国がどこにあったかという遠い過去を論じているわけではない。今でも多くの人が記憶している20世紀の戦争の評価を問うているのだ。
 確かに、細かい事実の確定は歴史家に任せるべきだろう。しかし、それを全体として評価し、どこが間違ったかを反省し、教訓を現代に生かすのは国民を導く政治家としての責任ではないのか。侵略の被害を受けた国と新たな関係を築くための最も大事な土台でもある。
 20世紀最大の戦争について歴史観を語れぬ首相が世界に通用するはずがない。

 はいはい、中国様万歳ね。人民日報日本支社ね。
 んで、また麻生さんの「侵略」発言を利用ね。
 ↓この前、利用したばかりなのに。

「悠」の字に込められた願い

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 私は自宅でチラシ作成の仕事をしていますが、今日それとは別にイレギュラーな仕事が入ってきました。これがまたけっこうな分量で……(T^T)
 派遣会社ランキングの更新もせなならんし、どないしょ……(あんまり告知とかしてないけど、実はこのブログはくっくり通信というサイトの1コーナーだったりします)。

 というわけで、今週いっぱいか来週始め頃まで、ブログの更新は手抜きになると思います。どうかご容赦下さい<(_ _)>

 本日はまずこのニュースから。

          |
       / ̄ ̄ ̄\   
     /       .\
    .|.        ゙|  
    .|    .∧    |
    .|  ./川\  |
     \/┏┷┓\/
        。┃祝┃。
     ゙ # ゚┃!┃; 。
      ; 。 ・┃悠┃・ #
     。 ;゙ #┃仁┃# 。
     ゙・# : ┃親┃。 ; 。
    .;:# ゙。゚┃王┃゚ 。 #
    ; 。;; ゙.:。┗┯┛。 # : #
    。゙ ∧_∧│
     ゙ ( ゚∀゚)│
    : /  つΦ
 
    秋篠宮悠仁親王殿下 万歳


 ↑2ちゃんねるでの拾い物です(^_^;

「たかじん委員会」秋篠宮家に親王ご誕生で皇室典範改正は?

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


■9月10日(日)放送『たかじんのそこまで言って委員会』

 第一テーマは皇室典範改正問題でした。
 問題のこれまでの流れがよくわかりますし、また初心者の方にも非常に理解しやすい作りになってましたので、是非ともご紹介したいと思い、テキストで再現しました。
 
 細かい相づちやツッコミは省いてます。また、複数の人が同時に喋って聞き取れない箇所もいくつかありましたので、そこも少し曖昧です。それらを除けばほぼ完璧版です。

◇司会 やしきたかじん、辛坊治郎(読売テレビ解説委員)
◇パネラー 三宅久之、金 美齢、デーブ・スペクター、原口一博、宮崎哲弥、橋下 徹、桂ざこば、倉田真由美
◇ゲスト 所功(京都産業大学教授)


 内容紹介ここから_________________________________

朝日新聞、安倍批判から自民党批判にシフト?

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 細切れぼやきは、『ブロードキャスター』皇位継承問題、黒田勝弘氏のコラム「皇室と王」、中国の河川の汚染。


 表題の件。まずは産経抄から見てやっておくんなせぇ。

産経抄9/9
 傷口に塩をすり込み、焚(た)き火に油を注ぐ者がいる。これを「騒動師」と呼んだのはどの作家だったか。実は同業記者の中にも騒動師がいて、正義を振り回し、良心を売りにするから始末が悪い。
 ▼彼らは首相の靖国参拝を自民党総裁選の争点へと誘導したが、とんと盛り上がらない。世論の風向きが「参拝も悪くない」に傾いたからだ。当の中国も、靖国批判が過ぎて日本国内に嫌中ムードをつくってしまった。いまは日本のメディアに乗せられた愚かさを悔いていよう。
 ▼この騒動師、今度は「歴史認識」「村山談話」を踏み絵に、総裁候補から答えを引き出そうとする。狙いは、先の戦争に対する「痛切な反省」と「心からのお詫(わ)び」を否定させ、中韓の敵意を鼓舞することだ。安倍官房長官が「後世の史家に任せる」と答えると、振り上げた拳の下ろしどころがない。
 ▼歴史を善悪で決めつけるのは、いかにも安物の正義である。かつて社会党の佐々木更三氏が中国の毛沢東主席に侵略を謝罪したところ、「皇軍の力なくしては権力を奪えなかった」と逆に感謝された。共産党の敵は自国の国民党だった。歴史認識が権力の都合でコロコロ変わる実例である。
 ▼中国要人が「歴史認識」を言い出したのも、日本メディアが火付け役だ。昭和57年に、文部省が教科書検定で「侵略」を「進出」に書き直させたと報じた。これが全くの誤報なのに、中国の反日行動に火がつく。親日的だった実力者、トウ小平氏の追い落としに長老派が利用したからだ。以後、親日は中国要人の鬼門になった。
 ▼かつて“名筆”山本夏彦さんは自国の非を暴いて直(ちょく)とするのは、良心的だからであると皮肉った。実直、直情ばかりでは政治芸のあやが分からない。

 騒動師の代表格はもちろん「あの新聞」ですが、振り上げた拳の下ろしどころがまだ見つからないみたいですね。
 今日(9/9)の社説は2本とも安倍批判を含んでるんだけど、何とも中途半端な印象です。

総裁選で未来より過去が争点になる不思議の国

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 「お気楽くっくり」を更新しました。この前重たい話だったので今日は軽めに(^_^;

 細切れぼやきは、朝日新聞のNHK『日本の、これから』批判、共産党の天皇制対応変化、中国人らの窃盗団41人逮捕、京都市不祥事で京都市長の「言い間違い」、夫と皇室のその後。

 今日は本題に入る前に、ちょっと見ていただきたいものが。
 これは2月から拙ブログで展開してるキャンペーン「皇室の歴史と伝統を守ろう。男系維持する方法あります。」の中で紹介してる図です。

母系系譜        皇統        父系系譜
 
 由美子母      昭和天皇      夫の曾祖父
   \         │        / 
  小和田由美子   天皇陛下    夫の祖父
      \      │      / 
      雅子様  皇太子殿下  夫の父
         \  /     /
          愛子様   愛子様の夫
            \   /
             お子様

皇統=神武天皇に繋がる系譜

 これでも十分わかりやすいんだけど、もっとわかりやすくてインパクトのある図を今日、2ちゃんねるで見つけました。画像クリックで拡大。

皇統断絶の図

 天皇制打倒を目指してる人は別として、普通の日本人ならこれを見ただけで、「女系はやっぱだめ」と理解できるはず。学校のお友達や職場のご同僚にぜひ見せてあげて下さい。

 お待たせしました。ここからが本題。

「ワイスク」ずさんな電話緊急アンケート

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 細切れぼやき(久々(^_^;)は、高専生殺害容疑の少年が遺体で発見、麻生さんネットで大人気、小林よしのり氏がネット住民に共闘呼びかけ。

 まずは表題の件。
 何か久々に露骨な情報操作というか印象操作を見たような気がする。


■『ワイスク』緊急電話アンケート

 皇室典範問題でアンケートとるのはいいんだけど、選択肢がこんなの。

  1.男系男子のみ
  2.女性天皇を認める

 「男系男子のみが天皇になるべきだという方は『XXXX-XXX-011』、女性天皇を認めるべきだという方は『XXXX-XXX-012』におかけ下さい。お電話お待ちしております」ですって。

 選択肢がおかしいぞ!
 これじゃ、2.は女系女性天皇と男系女性天皇を合わせた数字になりますよ。
 「男系男子優先だけど中継ぎであれば女性天皇も認める」という人だって多くいるはずなのに。

 せめてこういう選択肢にすべき。

  1.男系男子のみ
  2.女性天皇は認めるが女系天皇は認めない
  3.女性天皇、女系天皇両方認める

 テレ朝の本音は「愛子様と新宮様とでは、どちらに天皇になってほしいですか?」って聞きたかったんだと思う。でもそれじゃあまりに露骨だから、あのような選択肢にしたんじゃないかと。

 私は「男系男子のみ」の方に電話をかけてみたんですが、なぜか「ただいまお電話は受け付けておりません」というメッセージが返ってきました。

続・親王殿下の御誕生を心よりお慶び申し上げます

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 今日(もう昨日)は全国的に天候が悪かったようですが、安倍さんじゃないけどまさに「秋の澄み切った空を思わせるすがすがしい気持ち」で過ごせました。

 いやはや、盛り上がった1日でしたね。明るいニュースでこんなに盛り上がったのって、久しぶりじゃないでしょうか。
 テレビはもちろん特番組んで大盛り上がり。
 国民もお祝いムード。各地で号外の奪い合いが繰り広げられたようです。まあとにかく、皇室への国民の関心が高いのは良いことです。

 私の住む街は静かでした。
 昼過ぎに近所のスーパーに買い物に行ったところ、入り口んとこに地味〜に「ご皇孫のお誕生をお慶び申し上げます」と書かれた小さな貼り紙がされてました。それぐらいかな。

 ニュースショーやワイドショーを斜め見しましたが、皇室典範について突っ込んだ議論をしていた番組も多かったですね。
 「おめでたい日にこういうことを話し合うのも何なんですが……」とか前振りしてね。中には、「おめでたい日だからこそ徹底討論を!」と開き直ったようなこと言ってる番組もあった。
 ま、いいんですけどね。皇室典範がこのままでいいなんて、男系維持派も全く思ってないし。ただ、せめて今日1日はもうちょっと控えめにすべきじゃなかったかな〜という気も。

 特に関西テレビ『アンカー』、朝日放送『ムーブ!』ではかなりの電波が飛んでました。議論はなかったけど『NEWS23』もひどかったですね。
 後でちょこっと紹介しますね。

 まずは、親王殿下御誕生関連のニュースをざっとまとめときます。
 

親王殿下の御誕生を心よりお慶び申し上げます

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 こんな時間帯(平日のお昼前)にエントリー更新。我ながら珍しい。
 でも、嬉しくて嬉しくて、書かずにはいられません(^_^;
 親王殿下の御誕生です!おめでとうございます!!

紀子さま、男のお子さまご出産
 秋篠宮文仁親王殿下(40)と同妃紀子殿下(39)の第3子が6日午前8時27分、東京都港区の愛育病院で誕生された。宮内庁によると、お子さまは親王(男児)で、体重は2558グラム。皇族としては初めてとなる帝王切開でのご出産となったが、母子ともにお元気という。皇室では昭和40年にお生まれになった秋篠宮さま以来、41年ぶりの男子で、天皇、皇后両陛下には皇太子さまの長女、愛子さま(4)に続く4人目の孫。お子さまのご誕生で皇族は皇后さまをはじめ22人となった。
 ご出産の喜びは、すぐに天皇、皇后両陛下に伝えられ、両陛下は非常にお喜びのご様子だったという。
 秋篠宮さまも大変安心して喜ばれ、長女の眞子さま(14)と二女の佳子さま(11)は初めて弟ができた喜びをかみしめられた。
 皇室では秋篠宮さまのご誕生の後、9人続けて女子が誕生されていた。
 お子さまの皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次ぐ第3位。第4位は常陸宮さま、第5位は三笠宮さま、第6位は寛仁親王殿下、第7位は桂宮さまとなる。
 紀子さまは2月7日にご懐妊の兆候が確認され、宮内庁は同24日、妊娠3カ月目と正式発表。7月12日、宮内庁病院での検診で、胎盤が子宮口の一部をふさぐ「部分前置胎盤」の状態で帝王切開が必要と診断された。
(09/06 09:34)

 ああ、本当に良かった〜(T^T)
 嬉しいのと、あと大急ぎで書いてますので、まとまりなくてごめんなさい。日本語もかなりおかしいかも。どうか許されて!<(_ _)>
 

「ムーブ!」北朝鮮のジレンマ&韓国の憂うつ

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


【お知らせ】9/5午前1時35分現在、ランキングのバナーは有効になっております。裏技みたいなの発見しました(後述します)。……でも、あなたがクリックなさった時点でまた無効になってたらごめんなさい<(_ _)>

 今日の経過報告。もうこうなったらヤケよ。同じ症状が出ちゃった人のためにも(これまでに何人かいたことを確認済)、ちまちま報告することにしました。
 (このブログの存亡とは関係ないので、興味ない方は飛ばして下さいね(^_^;)

 ↓これ、昨日付エントリーのコメント欄に目立たない形で告知しました。
ランキングの件ですが、ちょっと実験してみました。
レンタルブログを借りてそのURLで新規登録してみたんです。
http://kukkuri.blog58.fc2.com/
登録してから2時間ぐらい経ちますが、今のところランキングは有効になってるようです。
よろしかったら試しにバナーをクリックしてみて下さい。

くっくり | 2006/09/04 03:01 PM

 今んとこhttp://kukkuri.blog58.fc2.com/のバナーはまだ有効みたい。
 このままずっと有効なの?どうなのよ?@withさん。向こうに移転した途端に、また「無効なリンクコードです」ってしちゃわない?(すっかり疑心暗鬼(^_^;)
 

“遺棄化学兵器”問題で旧日本軍兵士の証言

人気blogランキングへ人気blogランキングへ
【こちらはミラーです。06年9月4日以前のログは本館をご覧下さい。コメントは本館へお願いします。トラバはこちらでも受け付けています。
本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/

 人気blogランキングの件、未だにお騒がせしてすみません。
 8月28日以来今日まで、多くの方から励ましやご心配の声、またアドバイス等もいただいております。お気遣いいただき本当にありがとうございます。

 これまでの経過を軽く説明しますと……
 (ブログの存亡とは関係ないので、興味ない方は飛ばして下さいね(^_^;)
 8月28日(月)早朝に「ぼやきくっくり」のIDが突然「無効」になりました。
 ランキングサイトにメールで数回問い合わせましたが、返答が一向に来ないので、そのIDはあきらめて新規登録をしました。
 が、なぜかはじかれてしまい(一旦受け付けられるが1時間以内にまた「無効」になるという状態)、その後何度か新規登録したものの、全てはじかれるという状態が続きました。

 そういうわけで、ランキング復帰はもう一旦あきらめて放置していたところ、最後に(8月31日(木)に)新規登録したIDが、9月2日(土)の午前中、なぜか突然「有効」に(バナーをクリックしたら、登録しておいたカテゴリのランキングページ、すなわちこちら、あるいはこちらに飛べる状態に)になりました。
 が、喜んだのも束の間、そのIDもすぐに「無効」になってしまいました。
 その後、新規登録したIDもすぐに「無効」になってしまいました。

 面倒くさくなったので(^_^;現在はまた放置してます。そのうちまた9月2日の時のように復活するかもしれませんし。
 万一「ぼやきくっくり」が不正サイトとして扱われてしまってるとかだったら、せめてその理由だけでも教えてほしいんですけどね。とりあえずお返事下さい、@withさん。

 なお、この件の詳細な経過を知りたい方は(そんなにいないと思うけど)、
 8/30付:人気blogランキングから消えた件
 9/2付:週刊新潮「中韓を煽った朝日『靖国社説』変節60年」コメント欄
 をご覧下さい。


 お待たせしました。本題です。

プロフィール

Author:くっくり
大阪在住の主婦です。
詳しいプロフィールは本館にて。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

竹島プロジェクト
↑バナーお持ち帰り歓迎(直リンク禁止)
人気blogランキングへ
人気blogランキングへ
FC2 blogランキングへFC2 blogランキングへ

■Amazonアソシエイトについて
「ぼやきくっくり」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ブログ内検索